「へぼたろう、気の向くままに part2 白内障手術、硝子体手術」を拝読した。
「白内障手術及び黄斑上膜による硝子体手術」の体験記録である。
最先端の医療技術を誇る(冨士本眼科)で2019.1.30に施術を受けたとのことで、現在は復活途上らしい。
病院は厚生労働省が定める 「多焦点眼内レンズを用いた水晶体再建術」の 先進医療実施施設に認定されているとのことだが、所在地は福岡県北九州市小倉南区である。(詳しくは‥「先進医療の概要について」)

糖尿病網膜症+加齢黄斑変性」の俺は、3年ほど前に硝子体手術を行う段取りをしたが、ドタキャンして現在に至っている。石川県金沢市のいわゆる国立病院であったが、殊更に説明は無いままに承諾書に押印を求められた事が不審のタネであった。井の中蛙の金沢で施術されるよりも、九州に飛ぶのも手かも。

向後の人生で硝子体手術を受けるかどうかは判らないが、手術する場合の怖がり除けに勉強しよう。

関連過去記事:タグ>>
怖いよ~目の手術 / 左目の出血状況 / 左目の出血-中まとめ / 眼の注射、アイリーア:学 / 黄斑変性:学  / 白内障手術って簡単? / 左目出血から1年記念日