自動車運転免許証という代物の有効期限の記載は、現在は元号表記である。
運転免許、西暦併記で交付開始 まず警視庁でスタート:朝日新聞デジタル
何が引き金なのか知らないが、有効期限の記載が、元号だけの表記から「西暦と元号の併記」に変わる事になり、04/15警視庁が全国で初めて併記の免許証の交付を始めたとの事。
平成」と西暦の併記になるのは04/28の交付までになるそうだが、04/29~04/30の空白期間が如何に扱われるのだろう(試験所が休み?)。 新しい免許証では、有効期限が西暦とカッコ書きの元号で表記される。生年月日や交付日、免許の種別ごとの取得日は、これまで通り元号のみ。
過日の報道によれば、日本の行政機関は5月の連休明け(05/07?)からは新しい元号で業務ができるようにシステムを変更できるとのことであったが...日本のシステムは随分と優秀になったものである。

警視庁以外にも自動車運転免許証の「西暦と元号の併記」が全国拡大されれば珍しくもない物になるが、04/15~28の期間に併記された免許書を取得できる者は、数年間は鼻高さんになれるかも知れない。
とは言いながら、「西暦と元号の併記」が遅れる地方自治体もあるのだろうか。有ったら希少価値也。