goo blogのリニューアルに伴い、2019年3月25日(月) 06:00~正午の予定でメンテナンスがあるとの事。
過去記事:goo blog利用者の町内会 / goo blog:学
この間は、ブログ閲覧・コメントなどgoo blogに関するすべてのサービスにアクセスできなくなる。
また、03/25のメンテナンス以降は、goo blogのping送信機能が終了するとのアナウンスである。

「ping送信」なんて、ビジネス用サイトなら兎も角、ブログ程度を楽しんでいる庶民にとってはSEOとやらを気に掛けながらアフェリートで儲けようとしなければ無用の機能と考えたが....
人気ブログランキングにほんブログ村といった「ランキング物」に参加している場合は、有ると無いとでは、その手間としては面倒である....ということで、無いよりは有った方が良い。
「にほんブログ村」での対応は、「記事投稿後に都度このページ内の Ping代理送信ボタンを押して下さい」との事で、『ご利用のブログの設定ページにPing送信先欄が無い場合は、以下のどちらかの方法で「Ping代理送信」を行ってください。通常のPing送信機能と同様の効果が得られます』との事。
 このlivedoorブログにも更新ping設定ができ、レンタルしたばかりの頃(2013年)に通知先を設定していたが、次のサイト記事を参考にして見直す事にした。ping先URLが(https://)化されていない事に驚く。
pingが通じるか否かについては参考サイトにより差異が有る。どれを採用するかは自分の勝手也。
※自己解決するなら、ping :ネットワークコマンドの使い方 - @IT
Windowsのファイアウォールで「ping」コマンドへの応答を許可する:Tech TIPS - @IT
 本件工事中に思い付き、リンクブックを整理した。(https://)と(http://)が入り混じっているので、単純作業なのに中々手間取る。随分と頭の体操になった気分だが、賽の河原のような事かも知れない。
過去記事:拍手ボタンを削除 / リンク記載方法の試験 / ブックマーク:考2 / ブックマークの変更は?
goo blogのメンテナンスが終わったら、RSSが発信されているか否かを確認するべし。
-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
gooは、goo blogの「ping送信」機能を無くするとの告示だが、その理由を説明していないようだ。
一方「ping受信」機能はメンテナンス期間は停止するそうだが、メンテナンス完了後は如何になるのか?、なぜ「ping受信」機能を停止するのかについても説明は無いようだ。しかし、「ping受信」機能の有無は企業の問題でありユーザーに説明する事では無い。だが、「ping受信」をしない事が、引いては「ping送信」を取り止める要因ではないか....と考えるのは、深読みし過ぎだろうか。

有名な検索エンジンは多いが、最も有名なところではYahoo! JAPANやGoogle・Bing・infoseek・gooなどが有るが、Bing以外はGoogle検索の「検索ネタ集」を使っている(2001年から、Yahoo!JAPANがロボット型検索エンジンにGoogleを採用)との事だ。これを邪推すれば、自社にて検索ネタ集めのためのPingサーバーを設ける必要性は無かろう。となれば、「ping受信」機能は無用であり、更には貸し出しているブログから「ping送信」させる必要性は無いということではなかろうか
という事で、俺のブログからのping送信先を見直しするつもりで始めた本作業であったが、「Googleブログ検索」と「Yahooブログ検索」という二つのサービスが終了している事を知るという結果である。
簡潔に考えれば人気ブログランキングにほんブログ村に「ping送信」しなければ、「ping送信」機能は不要とも言える(まあ、ユーザーの立場で考えれば自動車の灰皿とおんなじ。「有って使わない」のと「無くて使えない」の差)。 ※結果的に約20のping先URLを削除できた。少しはスリムになっただろうか。
【更新通知】 ブログのPing送信は意味がない 【SEO】 | ハルパス
本件見直し後のping先
http://rpc.reader.livedoor.com/ping(本ブログのレンタル会社)
https://ping.minakoe.jp/ping/xmlrpc.asp(皆声.jp)
http://blog.with2.net/ping.php/自分専用のID (日本ブログ村)
https://ping.blogmura.com/xmlrpc/自分専用のID (人気ブログランキング)

これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。