新元号は「令和(れいわ、Reiwa)」。西暦2019年は、04/30迄が平成31年で05/01から令和元年になる。
世の中的には1週間ほど前から「平成の出来事」的な話題が乱れ飛んで騒がしかった。昭和から平成に変わった際はこんな騒動は無かった。元号が変わろうとも殊更の変わり様は無いハズなのだが、何故か騒ぎたがる心理がわからない。まあ、31歳の人は「平成生まれ」として年寄り扱いされる事になるのだろうか。
内閣府官房総務課の担当者はBuzzFeed Newsの取材に対し、「国の公文書はヘボン式ローマ字で表記されます。そのため、ローマ字表記はReiwaと記します」と答えた。...との事。
仕事人を離れた爺の俺が言っても屁の突っ張りにもならないが...元号なんて有っても無くても
紀元節」が「建国記念の日」という名称で存続する事は、「天皇制」の日本国としては悪くはない。
ならば、たった2条だけの「元号法」が必要という事になるだろう。
紀年法の一種である元号は日本以外にも用いられていたが、中国を含めて既に西暦を用いる事に変わっている。その意味では希少価値はあるが、「日本の伝統とか、文化」というほどに畏まる事でも無い。
しかし、以下のWindows:元号を眺めればフゥ~んである。
元号が政治的支配の正統性を象徴するという観念は、元号を建てることにより、既存の王朝よりも自らの正統性が優越しているか、少なくとも対等であることを示すことができるという意識を生んだ。そのため、時の王朝に対する反乱勢力はしばしば独自の元号を建てた。
さりとて、イスラム紀元皇紀(神武紀元)などの無限のシステム(紀元)ある中で、キリスト教の救世主が生まれたとされる年の翌年を元年とする西暦を国際的に用いる事には、聊かの不条理を感じる。
Windows:紀年法>>暦法との関係より引用
紀年法は、元年と1年経過するごとに加算する原則があるのみで、元日は定義しない。これに対し暦法は1年の長さと元日を定義する。つまり年月日でを表すには紀年法と暦法の両方が必要となる。
「西暦」の語はかつては暦法を指し、紀年法としては「西洋紀元」「西紀」という語で区別されていたが、やがて混同され、どちらも西暦とよばれている。現在の西暦は、暦法としてはグレゴリオ暦を指すが、紀年法としてはキリスト紀元也。
したがって、敢えて西暦を使わなければならない事は無いと思うが....少なくともコンピュータの生みの親のキリスト教国では当然の事として西暦(グレゴリオ暦)が用いられており、伴ってグローバル化された世の中では西暦の使用が標準化されている。俺的には、君主の即位などによってリセットされる有限のシステム(元号)を悪い頭で計算するよりは、皇紀であろうと、イスラム紀元であろうと、無限のシステムの方が便利と思うのだが....いずれにしても、2019/05/01からは「令和」だ。
しかし、改元後の会計年度が「平成31年度」の儘なのか「令和元年度」に成るのかは公表されていない。
【04/04追記】令和2年3月末まで平成を消さないで。源泉所得税の納付書 - Impress Watch

コンピュータ業界(?)の雄であるマイクロソフトは日本の元号変更について準備していたようだ。
 準備の内容は、文字コードの業界規格Unicodeを眺めればなるほどと思う。
最新の「Unicode 12.0」正式版で日本語の文字が7種類(小さな文字としての「ゐ」「ゑ」「を」「ヰ」「ヱ」「ヲ」「ン」)が追加された。Unicode には以前から、明治・大正・昭和・平成の元号を表すキャラクタ(“㍻”など)があるが、新元号が発表後、新元号を表すキャラクタを加えたUnicode 12.1をリリースするとの事(4月中旬?)。本件の文字コード変更処理が、Windowsの定期更新(セキュリティ更新)に重ねて公開されるのかのアナウンスは無いが、毎月の第 2 水曜日には要注意(04/10、05/15、?)
2019年4月にリリース予定の「Windows 10  April 2019 Update(19H1)」v1903と重ならない様に。
2019年4月中旬頃には、「令和」のキャラクタ(“㍻”など環境依存文字)の出現を確認するべし。
世の中では「IMEメーカーから新元号対応のアップデートが提供される以前にユーザー辞書登録する方法」が紹介されているが、04/01 13:00時点でMicrosoft IMEの辞書(v15.0.17763.0)では、(れいわ)で「令和」と辞書変換されるのでユーザーによる辞書登録する必要ない模様。
なお、Android用の「Google日本語入力」アプリでは、今朝ほど「令和」が辞書に自動追加された。

 また、「新元号への対応について - Microsoft mscorp」により『新元号が公表された後に行っていただきたいこと』がアナウンスされている。 (以下に抜粋引用)
マイクロソフトが毎月提供する更新プログラムを適用してください。
 「Java」言語も、準備OKとの事。ということは、文字コードが新しくなれば完結するという事だ。

それにしても、新元号が決まっただけで大騒ぎの日本は何だろうか
2019年5月1日に新天皇が即位した後の事の話題なのに、既に平成は過去になったがごとき。
今上天皇は2019/04/01に新元号の政令に署名したとの事だが、複雑な心境だろうな~
「令和」とは中国の文献からのパクリではなく万葉集から云々と安倍草履は自画自賛しているが、今流行のキラキラネーム同様に漢字を並べただけの事で、殊更の意味は無い単語である。
典拠を見ても、あの原文の漢字からどう引き出して「令和」と並べられるのか理解できない。
「令和」に限らず、漢字を並べては、あたかも古くからの熟語であったかのような意味をつけては御茶を濁すという姿勢は安倍政権の誤魔化し体質そのままということだろう。
元号と思うから腹立たしいが、西暦〇〇年同様に数字の羅列した記号と思えばよろしいか
菅官房長官が新元号発表の為にテレビで掲げた令和の筆文字はアッという間にネットに流出している。中には商品にプリントしている会社も見受けるが、あの文字を書いた書道家の著作権を気の毒に思う。

新元号は「Order and Harmony(令和)」 BBCの英訳が「かっこいい!」と話題に : J-CASTニュース

 04/03にでも「Windows 10  April 2019 Update(19H1)」v1903が公開されれば愉快だが、アメリカのグローバルなコンピュータ会社は、そこまで東洋の島国を気に掛けてはくれないかしらん
-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-