過去1ヶ月のアクセス記録を見ると、このブログを閲覧する人の85%はOSとしてWindowsを使っている。内訳として6割強はWindows 10である。また、Webブラウザは以下のようにChromeとFirefoxで8割強を占め、6%程のMicrosoft派がいる。Microsoft派の内訳は、Internet ExplorerとMicrosoft Edgeである。
260899067_624.v1554210157
(関連記事:パスワードを作る / IE 10の未来は)にも書いたとおり、Internet Explorerの提供元であるマイクロソフトからも「IE の利用は止めるけようにアナウンスされている。それでも一応サポートが継続されている IE 11 が既定のWindows 7 or 8.1 利用者が利用する事は止むを得ないとしても、「標準ブラウザは Edge」とアナウンスされているWindows 10 利用者が IE 11 を利用する心境がわからない。
260906210.v1554267509
(※Edge/18.17763はv1809用、
Edge/17.17134は?)
Windows 10 利用者は Internet Explorer 11 の利用を止めて、Microsoft Edgeを利用しよう。
Microsoft Edgeを止めて、Google ChromeMozilla Firefoxならもっと良い。
更には、Internet Explorer 11をアンインストールしよう。
Windows10でInternet Explorer 11をアンインストール&再インストールする方法 |とげおネット
Internet Explorer へようこそ
2019年3月30日、ユーザが訪問した別のWebサイトに関連した情報を収集できる脆弱性。
回避策は、この不具合が修正されるまでMicrosoft EdgeとInternet Explorerの使用を控えること。

次の記事によればv1809に「KB4490481」がリリースされ、適用後のBuildは17763.404との事だが、俺の環境には降臨していない。Windows Updateの「更新プログラムのチェック」にもヒットしない。Microsoft Update Catalogからファイルをダウンロードして手動でインストールできるとの事だが、実行は見合わせる事にした。OSビルドが上がっている事が気掛かりだが、チェックにもヒットしない事は不要と判断した。
なお『【アプデ/10】 v1809用KB4490481にてオーディオアプリが動作しなくなる不具合が修正 [Update 1] : ニッチなPCゲーマーの環境構築』によれば『リリースされはしたものの、WindowsUpdateには降ってこない様子』との事。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
先日「パソコンの新元号対応」なんて事をグチャグチャ書いたが、煎じ詰めれば以下の記事のとおり也。
Windows10で新元号「令和」対応に向けてやるべき事はあるか? - Win10ラボ
すなわち、『Windows10 で Windows 以外のマイクロソフト製品の自動更新を有効にしている場合は、特別やる事は無い』。自パソコンの自動更新が有効か否かの確認方法も説明されている。

2019年04月09日でサポートが終了する「Fall Creators Update」v1709(2017/10/17公開)がリリースされる頃、Windows Media Playerが消滅するという話題があった。
プレビュー版「Windows 10」で「メイリオ」や「Windows Media Player」が消える?  - 窓の杜
俺は以前「音源をデジタル変換したい」と考えた際、「Groove ミュージック」と「Windows Media Player」はお蔵入りとし、「TuneBrowser」を利用している。当時(2016/11)は「Windows Media Player (ホーム)」はWindpws 10の縛りがあってアンインストールできないようだっため放置していたが、前記の 「IE 11 ををアンインストール」する方法と同じ方法で削除できる事を知り、Windows Media Playerを削除した。
【追記:2019/04/04】(スタートメニューのアイコン)が削除されないので、回復させた。
現在v12.0.17763.379
その後、(スタートメニューのアイコン)を削除する方法が私のPC自作部屋で説明されている事を知ったが行わず、IE 11 共々残置する事にした。
関連過去記事:Win10 更新は速やかに / ブラウザのアップデート:新 / ソフトの導入状況:03