全国的に、県庁所在地の都市と県名が一致していない行政は多い。(WikiPedia:都道府県庁所在地)
当地「石川県」も県庁所在地は「金沢市」である。石川県という県名がアカデミックではないところに、北陸新幹線開通の影響からか、石川県よりも金沢市の名前を知る人は多いようだ。
とは言うものの、生まれも育ちも石川県ではない俺としては、金沢のマスコミ関係などが「北陸第一」などと自慢する事には鼻持ちならない。単純に「北陸」と呼べば新潟市が含まれ、金沢市なんぞは足元にも及ばない事を忘れている。また、「石川県」と称するにあたっての紆余曲折は面白い。
WikiPedia:石川県より抜粋引用
石川県の名称は加賀地方にあった石川郡に由来し、さらに石川郡との命名は本県最大の河川手取川の古名である「石川」に由来する。1872年(明治5年)、金沢県庁が石川郡美川町(現・白山市)に移転した際、その郡名により石川県と改名された。翌年、県庁が再び金沢に移転した後も県名はそのままで現在に至っている。なお、金沢も市制施行前である当時は石川郡に属していたため、県庁所在地と県名に不整合はなかったといえる。
上記の「石川郡美川町(現・白山市)」には『石川ルーツ交流館|白山ミュージアムポータルサイト』として旧・石川県庁跡が在る。

石川県白山市美川南町ヌ138-1