八十〇歳とかの女性が自動車運転免許証を自主返納したとの記事を読んだ。
自主返納に際し周囲から「まだ頭脳明晰だから返納しなくとも」と言われた女性は、「今は頭脳明晰だから、明晰の内に返納するのだ」と応えたとのことだ。大いにガテンする。

一時は煙が薄くなっていた「高齢者の運転で事故」が、また多発しているようだ。
伴って「なぜ75歳」の声も聞こえている。75歳は、知恵の無い政府の木っ端役人が「後期高齢者」の年齢と合せて掛け声しているのであろう。75歳は、一昔前であればいつ迎えがあっても不思議ではないし、最近であれば平均寿命にも達していないという半端な歳である。安倍草履も年金支払い年齢を引き上げるとか、もっと働けとか言うのだから、後期高齢者の呼び方を工夫する時期かもしれない。

何歳で免許の自主返納をするべきかは人それぞれだろうし、環境によっても差異が出ることは推測できる。
しかし、事故を起こせば過失運転致死傷罪(危険運転致死傷罪)or殺人罪である。前述の女性ではないが、ボケる前に自分で決めるべきだ。(※自動車の運転により人を死傷させる行為等の処罰に関する法律)
自家用車を自分で運転しなければならない場所に住んだのは、自分が選んで決めた人生なのだから、年寄りになって不自由だからと文句を言っても致し方ない。1日掛ければ病院でも買い物でも、何とかなると諦めるしかない。後は、社会が悪いと文句を言い続ければ、次世代には変わるかもしれない。
道路交通法により、初心運転者標識(若葉マーク)は免許取得後1年間は掲示する義務があるが、高齢運転者標識(もみじマーク・シルバーマーク・高齢者マーク)は「標識をつけて運転するように努めなければならない」である。『周囲の運転者はこの標識を掲示した車両を保護する義務を有し、幅寄せ・割り込みなどの行為を行ってはならない』と定めているが、掲示を義務化するよう法改正したほうが良い。もみじマークは道路交通法では70歳からだから、75歳の自主返納お奨め年齢と開差がある。
それにしても、池袋の事故に見られるように、事故を起こした高齢者は「元・院長〇〇」とか「〇〇さん」という呼び名で報道されるのは如何なものだろう。人をひき殺した彼は「殺人の容疑者」かも知れない。
第3節 安全運転の確保|平成28年交通安全白書(全文) - 内閣府
運転免許の取得可能な16歳以上の人口に占める運転免許保有者数の割合は,74.8%(男性85.6%,女性64.8%)となり,年齢層別では,40~44歳の年齢層が94.6%(男性97.2%,女性91.9%)で最も多く,次いで35~39歳の年齢層となった
団塊世代は自家用車を持つことがステータスのように思いながらも、経済面などで所有できなかった人もいたのだろうか。団塊世代を親にした40代は免許保有率が高い。しかし、その子供は自動車離れしているそうだ。自家用車が無くとも暮らしていけるという事だろう。公共交通機関の発達を祈るが、自家用車導入作戦を止めるとトヨタと高速道路がつぶれるから、政権としてはできない。また、オイルショックが来る。

関連過去記事:運転時認知障害チェック:学 / 認知症に「ヒトココ」 / 大年寄りと呼ばないで / 自家用車の必要性:考 / 認知症と自動車運転 / 認知症の検査方法に疑問 / 貧乏人の自家用車 / 免許証の自主返納 / 自家用車はいらない / 運転経歴証明を受領 / 運転免許の自主返納完了 / 東京都シルバーパス:考

感動サプライズに涙。父と母の卒業旅行 ~The Last Long Drive~

E-NEXCO driveplaza YouTubeより