連休のセキュリティ対策」を心配していた。大連休明けには新元号に対応できるようにするとマイクロソフトがアナウンスしていたので安心していたが、以下の記事によれば間に合わないかも知れないとの事也。
Windowsの令和対応パッチ配信が始まらず、10連休に間に合わない懸念も | 日経 xTECH
新元号対応のアップデートがアメリカ時間で04/26(金)にリリースされたところで、日本では04/27(土)となってしまい、既に連休体制になっているのだから遅きに失したということになる。
特にややっこしそうなのは、05/01以前にアップデートが完了したコンピュータと、大連休をカレンダー通りに休んで05/07に起動したコンピユータとの間での齟齬なのだろうか。
マズイ組み合わせは「連休入りしてからアップデートした自宅のPC」vs「...できなかった企業のPC」ということか 連休でも出社して対応した企業 vs 海外旅行で長期PCに触らなかった個人。etc.
マイクロソフト セキュリティチーム Twitter情報
過去記事:Avira Antivirus、他:学 / パソコン利用者の惑い / 04/10、Win10 更新 / Win10 更新はNG / 04/04、Win10 更新 / パソコンの新元号対応
-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
「Windows 10 May 2019 Update」、USBデバイスなど接続しているPCで適用できない可能性 - ZDNet Japan
回避策として、USBサムドライブ、USB接続の外付けハードディスクドライブ、カードリーダーに挿入されたSDカードを取り外し、May 2019 Updateのインストールを再度行う。
本事象は“Windows Insider Program”の“Release Preview”リングでテスト配信されている「Windows 10 May 2019 Update(v1903、19H1)」では既に発生しているとの事。