Huawei(ファーウェイ、HUAWE)がアメリカに因縁をつけられている原因は、1G2G3G4Gに続く無線通信システムである5G(第5世代移動通信システム)の世界的な覇権争いであろう。
関連過去記事:干される(?)、Huawei
日本国内では、2014年(H26)9月に「第5世代モバイル推進フォーラム (5GMF The Fifth Generation Mobile Communications Promotion Forum)」が設立され5Gの技術開発や標準化に取り組んでいるとのアナウンスで、2020年の商用サービス提供開始を目指しているそうだが、世界の中では著しく遅れている。日本国内での5G新無線周波数帯を携帯各社に割り当てが終わったとの報道が先月の事だ。
2019年4月3日、韓国大手移動通信三社(KT、SKテレコム、LGユープラス)が、アメリカのベライゾン・コミュニケーションズがサービス開始を発表し、それぞれが「世界初」を主張した。ただし、開始時点で一般消費者向けの対応端末は1種のみとなっているとの事。
また、欧州も同様である。
2019年4月現在、世界中では26社48種の5G対応デバイスが発表されている。採用されているチップセットはファーウェイ(中国)、インテル(Intel、USA)、メディアテック(MediaTek、台湾)、クアルコム(Qualcomm、USA)、サムスン電子(韓国)の5社。

Huaweiの日本法人「華為技術日本株式会社(ファーウェイ・テクノロジーズ・ジャパン)」、通称「ファーウェイ・ジャパン」は スマートフォンやタブレット製品を幅広く展開するほか、大手携帯電話会社にWi-Fiルータなどを提供し、基地局を供給しているとの事。

今度はドローン(マルチコプター)にまでケチを付けてきた。来月G20大阪サミットはどうするのかね。
過日より東京都内に出現しているというドローンの正体も歴然としない中、天皇の御披露目行列は
CNN.co.jp : 「中国製ドローンが情報を窃盗」、米政府が警戒呼びかけCNN.co.jp :