アルツハイマー型認知症を患った父が徐々に父でも夫でもなくなっていく家族の10年を追った、中島京子氏による小説を原作とした日本映画「長いお別れ」が05/31公開される。
アメリカの小説で私立探偵フィリップ・マーロウを主人公とするハードボイルド長編シリーズの第6作に、日本語訳では同名タイトルの『長いお別れ』小説が有る(原題は『The Long Goodbye』)。
当地野々市市では御経塚|イオンシネマで観られる。長いお別れ公式サイト
認知症を通して「人生は有限、だから大切」と伝える 31日公開の映画「長いお別れ」 山崎努の演技、中野監督の演出も見事 - zakzak

Asmik Ace YouTubeより