【追記:2019/08/18】本記事を未だ閲覧の皆様へ。クリーンインストールし、アップグレードは完了してます。
パソコンの電源投入後、しばらくして「Windows 10 May 2019 Update」v1903がインストールできる旨の通知あり。
20190607
05/22、Win10 更新」は手動更新でダメであったが、本日は自動更新を促されたので期待を込めてアップグレード作業を行ったが05/22と同様に『インストール完了後、再起動し、アップデート画面で30%程度まで進んだ後「コンピュータに対する設定を元に戻している」的な表示で元に戻ってしまう』。
Windows 10のv1809 の俺のパソコンは、05/0205/0405/1505/2005/22と更新があったが、結果的にはアップグレードできず、05/31のとおり「v1809 OSビルド 17763.529」で変わらず。

本記事掲載後、再度上記と同じ通知があったので、これから再チャレンジする。
20190607
07:37にDLLしたファイルがあった為と思われるが、とっととインストールへと進んだが、再起動に進んだ後「コンピュータに対する設定を元に戻している」でアップグレードできない。

3度目のチャレンジ。
20190607c
上記画面でのエラーコードは(0x8000ffff)だが、Windows 10の更新履歴では「2019/‎06/‎07 にインストールに失敗しました - 0x800700b7」。
エラーコード「0x800700b7」とは
TLS 1.1を開放し、「Windows 10 のダウンロード」より「このツールを使用して、この PC を Windows 10 にアップグレードする」を実行することにした。
20190607e
しかし、以下のエラーが発生しインストールできない。
20190607f
Microsoftが提供しているツール「BITS トラブルシューティング ツール」を試したところ、「Service Registration is Missing or Corrupt」という問題が起きていた
Windows 10 - Windows Update に失敗する場合の対処法 - マイクロソフト コミュニティ

いよいよの場合は「クリーンインストール」する事を考え準備のみを行った。TLS 1.1を閉鎖した。

しかし、現在のマイクロソフト発の情報では「クリーンインストール」する気持ちに至らないのでで、当分は我慢の子になる事にした。愚呑さんや、hiros-pcさんは本日自動更新できたとの事。羨ましい。
17時過ぎに再度自動更新を見たら、またv1903がインストールできる旨の通知が表示されていた。
20190607h
上記画面でのエラーコードは(0x80070652)、上々記画面での(0x8000ffff)と同様に言語明瞭で対策多し。
hiros-pcさんは1度(0x8007000e)エラーが出たが「再試行」ボタンで先に進み成功したとの事也。
関連記事:Windows 10の不調記録:5  / アドインのインストール状況:02/ ソフトのインストール状況:03ブラウザのアップデート:新 / 「修復ディスク」を作成-2 / ★SSL / TLS 設定方法 / Windows 10の役立ち情報