2019年6月19日から、気象庁が「2週間気温予報」の発表を開始した事で、ウェザーマップでも『16日先までの天気予報』を開始した。
ウェザーマップ * | ウェザーマップ『16日先までの天気予報』を開発、ホームページで掲載開始
20190621
これまで気象庁からは「7日先」、ウェザーマップand日本気象協会(tenki.jp)からは「10日先」の天気予報を発表していたが、気象の予報業務許可事業者(民間気象会社)に一般向けの予報としての16日先までの日々の天気や気温、降水確率などの予報を解禁したため。

20190621
ちなみに、tenki.jpでは06/21 12時時点で「10日間天気」也。『16日先までの天気予報』と、10日以内の同日の金沢市の予報を比較してみると、気温ばかりでなく天気マークにも差異を見受ける。データの出処は同じ気象庁のハズなのに不思議な事である。そうしてみれば16日と長期間になれば更に誤差が広がるのかも知れない。テレビや新聞によって天気予報に差異があることの根本的な原因がわかったような気がした。

「住みよさランキング2019」全国総合トップ50 | 東洋経済オンライン
金沢市に隣接する2市がベスト3に入り、全国総合1位は白山市、総合3位は野々市市で総合1位の白山市とは隣接している。『週刊東洋経済臨時増刊「都市データパック 2019年版 新装刊」』は06/17発売。
今回の10位までの顔ぶれを見ると、石川県が3市、富山県と福井県がそれぞれ2市と北陸の市が上位を占める。前回までも北陸の市が上位であることが多かったが、今回は100位までに、富山県は10市中8市、福井県は9市中7市、石川県は11市中7市が入った。