7Payが鳴り物入りで出現したら、アッと言う間にセキュリティの問題とやらで静かになってしまった。
日本政府というか、安倍政権は、「キャシュレス」とやらを推進したいようだが、7Payは日本政府の言う「キャシュレス」路線に沿っているのだろうか。
社会的には以前から「クレジットカード」とかが散在しているのに、何を以って「キャシュレス」とするのかが理解できないので、俺的に考えてみた。巷のアレコレを読み解くと話がややこしくなるので、本記事での内容は(正しいか否かは兎も角として)すべてWikiPediaの名称・説明を用いることにする。

7Payとは『QR・バーコード決済』の一種で、『スマートフォン決済』と呼ばれる事もあるとの事也。
QR・バーコード決済
商品を購入する際に、店頭レジに掲げられている専用QRコードをスマートフォンのカメラで読み取って、支払いをするという決済方法である。入金システムは、銀行口座と連携させてチャージしたり、金融機関の現金自動預け払い機(ATM)やコンビニエンスストアでのチャージといった方法があり、決済したら即座に引き落とされるプリペイド方式が一般的である。サービスによっては、クレジットカードと連携させて支払うポストペイ方式(後払い決済)に対応しているものもある。 暗号通貨ビットコイン用に2012年にリリースされたモバイルアプリケーションが、QRコード決済に初めて対応
との事だ。一方でWikiPediaでは「キャシュレス」については記事が無いが「キャッシュレス社会」記事があるだけだ。俺の印象としては「電子決済」が最も近い説明である。いわく、
電子決済とは、商品またはサービスの代金の決済を、硬貨や紙幣などの現金で支払うのではなく、現金と同じ価値を持つデータの送受によって行う仕組みである。
という事でさっぱり理解できないので、視点を変えて、川上から考え「現金」とは何かを探すと
現金 (げんきん、英: cash) とは、一般には現金通貨のことを指す。現金通貨とは、特定の国・地域で強制通用力を有する通貨における紙幣と硬貨のことで、現在の日本を例に挙げれば日本銀行券(紙幣)と政府発行の貨幣(硬貨)がそれに当たる。現金通貨は俗に(お)金、キャッシュとも呼ばれる。反対に、現金(キャッシュ)を用いない価値交換媒体は、キャッシュレスという。
とのことで振り出しに戻ってしまった。そもそも、お金(通貨)が存在しなかった時代での決済手段としては「物々交換」であった。ヤップ島の石貨のように、そればかりでは不都合があり、現物を運搬する代わりに「通貨」「貨幣」が普及し、シルクロードでも運べる通貨として「金本位制」になったと考えるべきなのだろうか。江戸時代等に小判とかの金貨を懐に入れると体が冷えて寒くなったとも聞く。

そのようにして、世界中で流通できる決済方法が出来上がった現代においては「デビットカード」「プリペイドカード」「クレジットカード」といった電子決済方法があり、「インターネットバンキング」で取引されているということなのだろうか。しかし、それらは「通貨」「貨幣」と同様に、米ドル($)、ユーロ(€)、日本円(¥)、英ポンド(£)、スイス・フラン(₣)等の国際通貨として保証されたものである。

最近の「電子マネー」や「仮想通貨」なるものは、わらしべ長者的な発想しか無い俺には着いていけない。
最近はFacebookが「Libra(リブラ)」と称する暗号通貨を始めるとの話題を聞き、Facebookを退会した
地球に勝手に線引きすることで成立した国家は、自国の貨幣を持つことが安寧への道であったそうだが、未来に向かっては国家という檻は不必要になり、貨幣も国家の保証が不必要になるのかも知れない。

7Payばかりでなく、PayPay楽天PayゆうちょPayBank Payd払いorigami Pay等『QR・バーコード決済』なる物は日本だけでも50程あるとのことだが、「キャッシュレスの連携?」でも書いた通り、連携機能が不透明のため食指が動かない。ポイントが多いのと宣伝されても、たかが知れたことだ。
とは言うものの、一部の通販サイト(ソフト購入)では〇〇Pay以外での支払い決済ができない事も発生してきた。「Google Play ギフトカード」のようなプリペイドカードによる支払いであれば怪しまないでも済むのだが。この先、5年以上生存するようなら考えることにしようか。その前に、ガラケーをスマホにする方を考えなければならないか さらば、よく判らない事が分かったので、本件は放置する事にする。
わざわざスマホを買って〇〇Payを利用せずとも、「クレジットカード」で十分であるし、Suica等の「プリペイドカード」機能を利用すれば何とかなるだろう。

過去記事:7pay不正アクセス:学 / e-Taxに、Edgeを追加 / QRコード:考 / コンビニのATMが危ない