おてもやん ~トモ・イネ物語~ - 徒然なか話」を拝読した。
熊本民謡の代表格とも言われる「おてもやん」に、実在モデルがいたということを知り、興味津々也。
WikiPedia:おてもやんより抜粋引用
実在のモデル(富永チモであるとされる,安政2年 - 昭和10年1月11日、現在の熊本駅近くに在住)を元に、三味線と踊りの師匠であった永田イネ(慶応元年12月4日 - 昭和13年)が作詞、作曲した[1]。チモに横恋慕した人物は実際顔に天然痘の後遺症があったという。なお、この歌は富永チモが亡くなった1935年に発表されており、この説の信憑性を高める事実となっている。

 
範房柴田YouTubeより

小山良くまもと人物紀行 おてもやん
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

おてもやん くまもと人物紀行 [ 小山良 ]
価格:1620円(税込、送料無料) (2019/7/19時点)


KIBS[おてもやんの真実 民謡に秘められた女性たちの物語」

熊本県インターネット放送局「Movie くまもと」