Windows 10の Update画面から「更新の履歴を表示する」 を実行しても、一部のカティゴリが表示されない事に07/22 11時頃に気が付いた。
「Windows(R)Update」更新履歴を確認する方法<Windows 10>【動画手順付き】|dynabook公式
本来であれば(これまでは)、最上部に「機能更新プログラム」のカティコリから表示されるのだが、それが表示されず2番目のカティゴリである「品質更新プログラム」から表示されるようになってしまった。
20190722

 いつからこうなったのかは記憶にないが、数日前までは不具合は無かったと思う。思い起こせば
  1. 07/22 10時過ぎに、サブブラウザのChromeで、それまでログインしていたにも関わらず、何もしていないのに突然パスワードの入力を求められてログインしていなかったかのような挙動になった
  2. 前(1)に気が付く直前に日本語入力の設定変えで、Microsoft IMEの「クラウド候補機能」の有効を解除し無効にした。
  3. 07/21、システムスキャン(sfc /scannow)、チェックディスク(chkdsk c:) 、システムファイルの修復コマンド(DISM /Online /Cleanup-image /Restorehealth)を実行をしている。
  4. 07/20、v1903にアップデートした際に同時インストールされたMicrosoftのOfficeを一度アンインストールしたが、その後考え直してMicrosoftストアから再度Officeをインストールした。その際Visual C++が増えた。なぜか増えたVisual C++をアンインストールして以前の状態に戻した。
    なお、Officeは、Visual C++のアンインストールと同時にアンインストールした。
 同じ事象なのかは不明だが、以下のようにv1607時代にも類似した不具合があったとの事也。
更新の履歴に以前にインストールされた更新プログラムが表示されない - マイクロソフト コミュニティ マイクロソフトでは、Windows 10 バージョン 1607 の問題により、設定で更新履歴が表示されないことを認識しています。マイクロソフトはこの問題を調査中であり、できるだけ早く更新プログラムを提供する予定です。 その間、コントロールパネルを使用して、インストールされた Windows Update を確認できます。
  1. 検索バーにコントロールパネルと入力し、検索結果内で [コントロールパネル] を選択します。
  2. [プログラム] を選択し、[インストールされた更新プログラムの表示] を選択します 。
「更新プログラムをアンインストール」する方法もあるが、殊更の悪さは無いようなので放置する。
Windows 10でインストールされた更新プログラムをアンインストールする方法-121ware.com
 ウィルス等が原因ではないと考えている。
素人考えとしては前(2)が原因であろうと推測する。「Microsoft IMEにクラウド接続」されていのが、解除された為ではないだろうか? 本件の原因なのか(?)は別にして、「クラウド接続」しても辞書が賢くなったようには感じられないので、向後「クラウド候補機能」の有効化は行わない事。
前(2)が原因ではないかもしれない。あれから再度「クラウド候補機能」を有効化してみたが、不具合は発生していない。但し、それから無効化工事をしていないので限定はできない。
 念のため、Googleのパスワードを変えた
今日は大暑也。夏の土用は、先週の土曜日から始まり大暑の期間中(08/08の立秋、前日迄)続く。
小暑(07/07)と大暑の一か月間が暑中で、暑中見舞いはこの期間内に送る。
関連記事:Windows 10の不調記録:6  / アドインのインストール状況:02/ ソフトのインストール状況:03ブラウザのアップデート:新 / ★SSL / TLS 設定方法 / デバイスドライバ更新:学 / Windows 10の役立ち情報