2019/07/24付「金沢医科大に外来手術室 白内障治療の最新機器備え | 北國新聞」にて、金沢医科大病院の外来手術室内覧会が行われた事を知った。

白内障や静脈瘤など局所麻酔で行う眼科や血管外科の手術に使用し、2019/08/04からオープンする。
手術室には県内初導入となる白内障治療に用いる最新機器「フェムトセカンドレーザー」が配置される。フェムト秒(セカンド)レーザーを用いた白内障手術は、機械制御で角膜の切開や水晶体に穴を開けることができるため治療精度が向上するとの事だ。(参考:東京慈恵会医科大学附属病院眼科、PDF)

全国的に見て、大学病院に「フェムトセカンドレーザー」は希少らしい。

金沢医科大学病院 - Kanazawa Medical University Hospital -
眼科
白内障 - 眼科
白内障眼内レンズ外来
スタッフ紹介 – 金沢医科大学 眼科学講座

救急医常勤で体制充実 金沢医科大氷見市民病院 | 北國新聞