「わかば」、「エコー」、「ゴールデンバット」の3つの銘柄の煙草が、2019年10月以降、在庫が無くなり次第販売終了するとの事。

3つの銘柄は「旧3級品」と呼ばれ、たばこ税の軽減措置の対象として他の紙巻きたばこより安い価格で販売されていたが、2019年9月末に軽減措置が廃止される事になった販売を終了するとの事也。
同じ「旧3級品」の銘柄で沖縄県内で販売されている「うるま」については、地域固有の銘柄で根強い支持があるため、10月以降は税額分として大幅値上げして販売を続けるとの事。
現「わかば」・「エコー」に代わる形で、2019年9月中旬より新たにリトルシガータイプ(たばこ葉を原料にして作られた巻紙でたばこ葉を巻いているため葉巻たばこに分類され、紙巻きたばことは税率が異なる為、価格は据え置き)に生まれ変わった「わかば・シガー」(20本入り/360円)「エコー・シガー」(同/350円)が発売される予定。いずれも、リトルシガー(要するに葉巻煙草だろう?)特有の豊かな香りを生かしつつ、「わかば」「エコー」それぞれの特徴を引き継いでいるとのこと。
ゴールデンバットは113年前の明治39年、「わかば」や「エコー」は昭和40年代に発売されたとの事だ。「旧3級品」は全6銘柄有ったが、しんせいバイオレットは2018/12月以降、在庫売り尽くしをもって終売とされている。残るは「うるま」だけという事になる。(たばこの銘柄一覧)

2019年6月14日改正施行された「たばこ事業法施行規則の一部を改正する省令」により、紙巻煙草は2020年4月1日、それ以外の銘柄は2020年7月1日以降に出荷される製品では煙草のパッケージデザインの注意書きの表示面積が従来の30%から50%に拡大された上、新しい注意文言を表示する事が義務付けられた。
東京オリンピックで訪れる外国人に対する「エエ格好しい」ということなのだろう。
2019年9月中旬より発売されるリトルシガータイプの「わかば・シガー」「エコー・シガー」では、これに先立って新しい省令に基づくパッケージデザインとなる。如何にも不細工な外観である。
JT、「わかば」「エコー」を葉巻の一種に=現行品廃止、価格は維持:時事ドットコム

 2015年10月16日、間質性肺炎を告知され、禁煙を始めて今日で1380日目也。
思い起こせば、初めて煙草を吸ったのは中学時代の「ハイライト」であった。フィルター付きの煙草が珍しい時代とは言え、クソ餓鬼に「ハイライト」は高価な嗜好品であった。そんな頃にリリースされた「わかば」・「エコー」はファンクラブであった。「エコー」は軽過ぎたが、「わかば」は好きだった。
昭和⇒平成⇒令和と三代を生きた。我が青春は「わかば」(1966年8月20日発売)とともに