ドコモが販売するスマホの一部機種で「LINE」アプリが使えなくなるそうだ。
2019年9月頃予定とは随分と忙しい事だ。対象となった機種は、「Android OS:ver.7.16.1未満のLINEアプリ」と発表されている。いわゆる日本製で、韓国製をはじめとした外国製は含まれていないと見た。
日本製品から韓国製アプリを外したのか  「LINE」をしたい為にスマホを使う人は多いのでは

対象となるex.「らくらくスマートフォン(F-12D)

今回の対応は、Android OSに関連した対応なのだろうか(?)、メーカーに関連した対応なのだろうか(?)と、考えてしまう。日本と韓国の経済戦争のあおりだとしたならば、ヤレヤレである。
今の経済戦争について日本政府は色々と屁理屈を付けているが、俺的には「米トランプ大統領が、北朝鮮TOPと逢った際に、安部首相様が蚊帳の外に置かれた」事に関する意趣返しであると見ている。
あの大嘘つきの安倍晋三からだけは、約束・信頼・裏切りなんて~言葉は聞きたくないものだ。
原因の推測は兎も角として、日本と韓国の経済戦争が長引くようであれば、他の事にも影響してくると思わざるを得ないだろう。本場のキムチが食えなくなるのは構わないが、LINEアプリと同じく、韓国のインターネットサービス会社であるネイバーの子会社LINEが運営するポータルサイトのライブドア ( livedoor)が提供するlivedoorブログを利用している俺としては、この先々を邪推してしまう。
首相官邸公式や公明党が党公式アカウントを開設しているというのに、docomo、大丈夫かいな。
既に、サービス提供を中止するとのアナウンスをしているYahoo!ブログの受け皿としての活動をしているlivedoorブログだから、今更サービス提供を中止するとは考え難いが....LINEだって3.11に湧いたようなサービスである...いつ中止となっても不思議ではない。
また、ヤフー株式会社(英称:Yahoo Japan Corporation)にしても、ソフトバンクグループを率いる孫正義氏はWikiPediaによれば在日韓国人実業家の二男とのことだ。
さぁ~て、これでイヨイヨ、なぜか日本企業が好むTwitterに増々傾注するのだろうか。
改めて、livedoorブログからの引っ越しを真面目に考えて行動した方がよろしいかしらん(?)と考える。引っ越し先のブログは、日本製を選べばgooブログはてなブログあたりだろうか。FC2ブログは米国法人
「LINEは日本企業」、韓国親会社トップが言明:日経ビジネス電子版