「サイト作り」を始めた頃は、その作業を「ホームページを作る」と称していたっけ。
ホームページとは、サイト内のトップページを示す用語で、サイト全体を示さない。
まあ、それは兎も角。始めた頃は訳も分からずにHTMLを書いていたが、巷を見渡すと掲示板とやらを設置しているサイトがあり賑々しく見えた。掲示板とやらを設置する為にはCGIとかが必要という事を知り、CGIが利用できるという「すその.com」という個人運営の無料サーバーをレンタルした。
しばらくは掲示板の類を設置しては喜んでいたが、「検索エンジン」なる物に食指が動いた。
今では、GoogleやYahoo! JAPANなどを利用すれば済むことであり、「検索エンジン」なんて~物を自分で設置しようなどという酔狂な人は少ないだろうが、当時はアメリカのYahoo! が代表選手だったろう。

最近は(昔も?)リンクを張る事について色々と意見があるようだが、当時は「検索エンジン」に登録していただくことを申し込んで、審査を受けてから、やっとリンクしてもらえる...という事だった。
名立たる「検索エンジン」に登録されるということは、そのサイトは登録に値する認定を受けたようなものだった。その一方では、面倒な事をしてまで「検索エンジン」に登録はしたくない....さりとて、自分のサイトを賑やかにしたい...という人が多く、個人サイトが設置した無審査で登録できる「検索エンジン」は、SEOがどうしたとか言いながら集客効果を狙う上で重要な道具であった。

個人サイトが設置する「検索エンジン」と言っても色々有り、俺的には色々と遊んだ結果「Yomi-Search」に落ち着いた。(Yomi-Search原作者の WonderLink-Yomi 様は、現在見当たらなかった)
ということで、「Yomi-Search」を利用した「検索エンジン」を設置して遊んでいる頃に、知り合ったのが「とうげ」さんである。「とうげ」さんを知った当初は「峠サーチ」とタイトルしていたが、以降「TOUGEサーチ」と改名されており、最終的なタイトルは覚えていない。いずれにしても、青森の人だ。

その「峠サーチ」は、ディフォルトの「Yomi-Search」に独自を改良を加えており、『どのようにしているのか?』解らないところが癪のタネであった。結局、俺のホームページ作りの技術では如何ともできない事が判った頃に見つけたのが「Yomi-Search [ XOOPS ] 」である。
XOOPSマニアサイトの管理人「nao-pon」氏が、CGI版Yomi-SearchをXOOPSに改良した物で、「峠サーチ」に網羅されている機能はすべて満たしていた。(こんな感じ⇒リンク集 - XOOPSマニア)
俺は、あれがきっかけでXOOPSの世界に浸ってしまった。当時の知り合いは未だにXOOPSの世界で充実しているようだ。俺も視力が戻ったら、もう一度遊んでみたいものだ。

「峠サーチ」は、ある日突然閉鎖宣言があり、予定どおり閉鎖された。もう10年以上前の出来事だ。
管理人さんと掲示板で交わした会話から思うに、雰囲気としては俺より若干年上で、現在なら75歳に成るのかもしれない。当時はせいぜい60歳程度。殊更に体調の問題があったようにも見えなかった。
「青森の峠さん」の行方をネットで探しているが見つからない。「峠サーチ」の利用経験者でもいたら知りたいものだ。「とうげ」さん本人の情報は大歓迎である。

過去記事:消えた某ブログ / ヨッシーの思い出 / 消えたお気に入りブログ / ブログ開設が華やかに / ブログ幕引きの仕方 / 執筆者不在のブログ / 残されるホームページは(?) / 紛らわしいブログタイトル / 「ブログの書き方」考 / 「ト坊」を訪ねて

関連過去記事:このブログはリンクフリー / パソコン利用歴 / ホームページ開設に掛かる壱考察 / ブログの紹介 / 想い出のバナー