デヴィ夫人こと、デヴィ・スカルノ氏は1940年(S45)生まれというが、元気な婆さんだ。
テレビ番組などでバンジージャンプをして見せるなど、あの年齢で挑戦する心がうらやましい。

そんな事で、「デヴィ夫人オフィシャルブログ」をRSS受信しているのだが、過日の記事にて「福井米アンバサダー」になったとのアナウンスがあった。昨年に 引き続いて、 今年も .. との事だ。
今年もやります!『福井米でご満悦キャンペーンシーズン2』 ~①
彼女のブログ以外にも各紙で報じられており、福井県も良い広告塔を見つけたものだと感心する。
とは言うものの、「福井米」と称するコメの品種が良くわからない。
福井県経済連のオフィシャルホームページを斜め読みすると、色々な銘柄を総称しているようだ。
令和元年産 福井米キャンペーンは、令和元年9月1日~11月30日(特設サイト)との事也。
WikiPediaによれば、新米と古米の区別について明確な定義はないが、11月から翌年10月までの米穀年度を基準にすると、11月1日をもって新米が古米に変わることになるそうだ。一方、JAS法に基づく「玄米及び精米品質表示基準」によれば、新米と表示できるのは、収穫年の年末までに精白・包装された精米に限るのだそうだ。石川県産のコメが口に合わない我が家は「新潟県南魚沼産コシヒカリ」だが、入手できるか

いずれを新米とするかは置いても、今年の気象では望ましいコメは少ないだろう。
安部政権はアメリカに押し売られたトウモロコシを輸入するらしいが、コメが無ければトウモロコシを食うのであろうか。世の中的には戦争に向かいつつある風潮だが、食生活は敗戦直後の頃に向かうのだろうか。

【CM】JA福井県経済連 福井米