FC2ブログに引越し再考したが、結局は見合わせている。試行用としていたFC2ブログは、色々とリニューアルしたが当面は放置する。見合わせとした主な理由は「FC2ブログ」の特異性とでも言うのだろうか。
十年以上前に初めての無料レンタルブログはFC2ブログであり、当時は「無料レンタルブログとは、そんなもの」と思っていた。しかし、XOOPS用ブログWordPressを経験した今では特異な存在として感じる。むしろ、livedoorブログの方が変わり者なのかも知れないが...
巷にはブログサービスは多い。そんな中で、現在利用しているlivedoorブログを良いと言うつもりはない。所詮は個人の好みの問題である...という考えを前提にしても、「FC2ブログ」は特異的と思う。
その特性を形作る要素として、「FC2ブログ」は「FC2」という色々なサービスの中の1パーツであるということだ。
livedoorブログやgooブログ等は、それで完成しているか否かは別にして、ブログと称するひとっ塊で利用する事を目標にして作られていると見た。したがって、アクセス解析等についても機能的に満足するか(?)は兎も角として、ブログの機能としてまとめて提供されている。
しかし、色々なサービスを提供する「FC2」では「ブログ + アクセス解析 + 色々」とパーツを組み合わせて使うことになる。パーツそれぞれは優れていたとしても、組み合わせて使う場合には利用しにくいと感じる。むしろ機能的には劣っているとしても、それぞれのパーツを組み合わせたトータルな製品としてリリースしている方が、総合的には利用し易いと考える。とは言っても、それは個人の好みの問題と言われれば致し方ないとしか言いようがない。これ以外に、FC2が「プラグイン」と称する物を組み合わせれば混在コンテンツを識別する事の面倒さや、jQuery(JavaScript)が新旧混じり合っているであろうことを推測すると食指が伸びない。せめて、古いテンプレートは撤去する努力が欲しい。

と理想を述べても、それは利用者が努力すれば改善できることだ。
「FC2ブログ」は「WordPress」的に、ユーザーがアレコレを組み合わせて自作する的な物なのかもしれない。例えれば、部品を集めて改造車を作るような快感があるのかもしれない。しかし、改造せずとも、そのまま使える事を望む俺には面倒な感が強い。尤も、改造せずとも乗れるには乗れるが...
しかし、記事を書く場合、エディターを利用する場合に感じるギクシャク感は利用者では如何ともし難い。

FC2ブログが提供するエディターには、新と旧がある。この新←→旧の行き来の際の所作が不可解だ。
新エディターを用いて書いた文書を、途中から気が変わって旧エディターで続けようとすると、新⇒旧に切り替えることで書き掛けの文書が消滅してしまうのだ。逆のケースも同様に消滅してしまう。
『旧エディターでは「引用<blockquote>」のボタンが有るが、新エディターでは無い』という、整合性の無い新・旧エディターを提供されても無意味と思われる。
また、旧エディターでは「高機能テキストエディタ」と称する機能があるが、使い分ける意味が不明也。

とはいうものの、FC2ブログを利用する巷の一般的なブロガーの場合、文中でリンクを張ったり、引用を用いたりしている人は少ないようだ。淡々とテキスト文を書くだけであれば、エディターの機能や新旧を気に掛ける事は無いのであろう。しかし、閉鎖予告されたYahoo!ブログ難民から苦情が増えたらどうする

FC2ブログの記事書き込み画面 (新)
20190914112523

FC2ブログの記事書き込み画面 (旧)
20190914161455

livedoorブログの記事書き込み画面
20190914112518

俺の俳諧先ブログでは「引用」符を用いて記事を書いているのを見かける事は少ないが、それはユーザーが使っていないだけであり、利用しているレンタルブログからは「引用ボタン」が提供されている。
「何とかしろよ、FC2ブログ」とlivedoorブログでぼやいてみても意味が無いか