高知市が公開している「地方移住の難しさを訴えるムービー」が面白いし、勉強になる。
「#田舎暮らしは甘くない」と訴える高知市のムービー - シニアガイド
「移住に失敗してほしくない」からこそ公開したとの事だが、大いに尤もである。
田舎暮らしにあこがれる人達が多いようだが、田舎だろうが都会だろうが、人間関係には変わりはない。
田舎では畑で採れた物であろうが、釣った魚であろうが、貰い得したような感覚の都会者がいるが、「返礼しなければならない」という事では都会よりも田舎の方が儀礼的にも華やかであろう。
転勤の経験者であれば多少なりとも他所の土地で生活する事の面倒さを体験しているだろうが、初めて生まれ在所から他所に出る者や、Iターンする者は、井の中の蛙が他所の井戸に行くようなものであろう。
たまたま標準的な日本語を話すかも知れないが、意味までが同じとは限らない。増してや、生活習慣に至っては外国で暮らすのと大差無いと言っても過言ではあるまい。異星人の例えは、言い得て妙である。
生活圏と距離感の違いは、それまでの経験値との大きなギャップがある事を心得なければならない。
2018年移住希望地域ランキング公開 – 認定NPO法人 ふるさと回帰支援センター
【こうち二段階移住 PR動画】下調べもせずに憧れと勢いだけで地方移住決めた夫婦の話、聞く?


#田舎暮らしは甘くない【こうち二段階移住PR動画 vol.2】

こうち二段階移住公式チャンネル


それでも田舎暮らしがしたいという人は少なくないだろう。
俺は2011年に、鎌倉から当地野々市市に転居した。建築契約したのは2010年であった。
地震対策の建築基準法3.11震災の被害を見て改訂された。しかし、今回の台風15号による風被害に対する建築基準法の改定がなされるのかは今後のテーマであろう。しかし、泣くのは自分自身である。
俺の場合、これから転居するとしたならば老人ホームということだろうが、まだ若かったならば地震ばかりでなく風に強い住宅を建てたい。建築屋もそれなりのモデルは有るらしいが、沖縄あたりの建物は毎年のように台風に耐えているのだから参考になるであろう。これからの台風は風速50米超えが常かもしらん。
風雨に強い家(災害に強い家 8つの強み) | Palcon 大成建設ハウジング
沖縄はなぜ鉄筋コンクリート住宅が多いのか | 沖縄移住
経費を注いで鉄筋コンクリート製にするか、南極で耐えたプレハブ住宅とやらは良いのかもしれない。

とは言うものの、終の棲家をドコにするか次第で住宅の経費を考えなければなるまい。
老人ホームに入る為の金は残しておこう。
老人ホームの費用はいくらかかる?種類ごとの相場を紹介 | fuelle