島根県の松江市に行きたいと思うのだが、同じ日本海側の石川県金沢市からの鉄道路線は不便である。
国鉄時代の名残で、東京始発の寝台特急が走っていた頃であれば、京都で1度乗り換えれば何とかなった。
現代では、一度太平洋側を走る新幹線に乗り換え岡山まで行き、日本海側に向かう特急を利用しなければならず、最低でも2度の乗り換えをしなければならない。むしろ、高速バスを利用したほうが便利也。
北陸新幹線が通じたといって喜んでいる北陸地方だ。しかし、北陸地方に限らず、秋田・山形・新潟の日本海側に向かう新幹線はすべて東京から放射線状に伸びたタコ足にしか過ぎない。そして、すべての路線で東京-大宮間は同じレールを走っている。高い確率で予想されている太平洋側の大地震が発生したならば、太平洋側の鉄道網や高速道路網は壊滅状態であろう。