過日は、後1歩というところでlivedoor⇒FC2に移転するばかりだったが、中止した。

中止した理由は数点ある。
要は「慣れの問題」なのだが、1点だけはどうも馴染みきれない。
視力の悪い俺としては、自分のブログの背景は黒っぽくしている。Windowsパソコンの背景も黒であり、可能な限りのアプリケーションも黒の背景にしている。ガラケーや電子図書ですら背景は黒である。

ブルーライトを軽減する為もあるが、黒い背景に白っぽい文字の方が視認できるからだ。
公・個人を問わず他所のサイトを閲覧する場合でも、白背景に黒文字であれば閲覧を躊躇してしまう。
増してや、個人のブログなんぞで奇妙に影の薄い文字フォントで気取っている場合は即時に撤退する。

一昔前に「ホームペーシを作る」と称してサイト開設する事が流行った頃は、公のサイトだろうが、個人のサイトだろうが、白っぽい画面作りが一般的であった。なんとなく清潔感を抱かせるのだろうか。
片や、黒っぽい画面作りは嫌われていたかのように見える...というか、殆どマニアックであった

しかし最近では、マイクロソフトと言うか、Windows等ではダークモードが提供され始めている。ネット世界でも追随するようにダークモードが増えてきた。それでも、個人のサイトでは未だに拒否反応がある。
俺的には、ブログのテンプレートひとつを設定するのにも、無いセンスと知恵を引き釣り出さなければ気に入った物に辿り着かない。今回のlivedoor⇒FC2移転については運良く、テンプレート提供者の援護を受けて、手間を掛けずとも既成の物を使用することができた。しかし、「ブログのダークな背景」←→「FC2ブログの真っ白けな管理画面や書き込み画面」とを、行き来ししていると、眼に与える影響が半端では無い。
高速道路で「トンネルの闇」←→「明るい外」との出入りを反復しているがのごとし也。
とは言うものの、ユーザーが、FC2ブログの管理画面等をダークな背景に変えることができるはずが無い。

となれば、すべてのウェブサイトにダークテーマを適用できるWebブラウザのアドイン「Dark Reader」を使えば、どこのサイトであろうともダークな背景を見ることができる。
Chrome・Firefox・Safariを簡単に「ダークモード」にできる拡張機能「Dark Reader」を使ってみた - GIGAZINE
それならば、自分のブログを改造するとかで砂上の楼閣作りをするような労力を注がずとも良いな...と嬉しくなった...が、パソコンからのアクセスは解決しても、このアドインはスマホでは動かない。
色々なサイトの背景を変えるについて、個人が望んでも叶う事ではないが...せめてセピア程度に落として欲しいものだ。真っ白は嫌じゃ

また、リッチテキストエディター(ビジュアルエディターシンプルエディタ)を用いて文書を書いた場合で比較すると、FC2ブログはlivedoorブログよりも機能的に劣ると考えている。
なお、「Dark Reader」を稼働させてFC2ブログのエディターを使うと、かなり見易くはなる。
20191002120424

HTTPS対応の状況についてお知らせします|ライブドアブログ 公式ブログ(2019/10/01)
によれば「管理画面(http://livedoor.blogcms.jp/)は2019年10月末(予定)にHTTPS対応」するとの事。livedoorブログの記事書き込み用エディタはJavaScriptを適用している為、管理画面がHTTPS対応した時点でエディタに何らかの変更を加えなければならないと読んだ。
ということから、その時点でlivedoorブログorFC2ブログの再チョイスを行う事にする。

今回の試行錯誤で改めて知ったが「FC2ブログの利用者は、ひたすら文書を書くだけ」である理由は『エディタが低機能である為』であろう。別にlivedoorブログが優れている事は無いようだが、少なくとも『既存記事を修正する』場面ではかなり楽である。
関連過去記事:FC2ブログ、試用雑感 / ブラウザ&日本語入力 / https://の信頼度:考

livedoorブログは気合が入ってきたね~