以前より、FC2ブログBloggerなどにコメントを書き込む際に、なにやら円状の矢印マークが出現し「私はロボットではありません」的なチェックが表示されるのを怪訝に思っていた..というより、使いたかった。表示されるマークを読むと「reCAPTCHA」なる物である事が知れる。
WikiPedia:reCAPTCHAより抜粋引用
reCAPTCHA(リキャプチャ)とは、ウェブサイトの制限エリアへのアクセスを試みるボットからサイトを防御するためCAPTCHAを利用するのと同時に、そのCAPTCHAに対する返答を紙の本のデジタル化に活かすシステムである。
2019100514311820191005143116
設置方法の解説も散見するが、いずれにしても「サーバー側に実装」する必要があり、レンタルブログでは設置できないだろうと考えていた。
しかし、昨日「定年退職後の暇人 ぬか喜び(Pay Pay)」にコメントした際に当該物を発見し設置方法を質問したところ「私が返コメを書くときには出てきません。ですのでどんなものかもわかりません。」との事である...これを聞いてガッテンした。俺が、俺のFC2ブログに試験コメントしても出ないのだから知るはずがないのだ。他所のFC2ブログでコメントする際でなければ起こらない出来事なのだ。

「reCAPTCHA」を設置する際に「サーバー側に実装」するのは利用者のメールアドレスである。ブログをレンタルする際に申請したメールアドレスを所持する者(当該管理人)をFC2ブログが勝手に利用して「reCAPTCHA」を設置しているという事であろう...という推測を立て、俳諧先のFC2ブログで試したところすべての物で「reCAPTCHA」の矢印マークが出現することが判った。要するに、ブログを借りた当人(管理人)がアクセスしコメントする場合は、それを認識してreCAPTCHAは作動しないのだ。
という事は、「FC2は、借りた者のメルアドを利用してreCAPTCHAを稼働させ、Googleに提供している」という邪推ができなくもない。
「reCAPTCHA」等のCAPTCHAシステムは、ボットによるシステムへの自動アクセスを防止する為に考案された認証システムである。したがって、善なのだが、裏読みすれば「コメントをした第三者がネット上で行った行動や、どんな記事にコメントしたか、etc.」といったネタを収集できる。
そんな事は現在では珍しくもない出来事であり、俺的には進んで設置する事を望んでいたのだから気に掛けるものではないが、ブログをレンタルしたが為に、借りた側が知らない内にFC2に役立っているのかと思うと些か穏やかではない。
gooブログやFC2ブログ等で「コメント書き込み時にパスワード入力を求める」所作と、本件の様に貸す側が借りた側を認識できるような仕掛けとは大違いである。
とはいうものの、最近のブログでは類似するCAPTCHAシステムで、借りた側が知らない内にデータ収集されているのだろう。また、読んだ事は無いが、利用規約に掛かれているかも知れない。
はてなブログでも、「はてなユーザーはreCAPTCHAマークが出ない」が、ユーザーでないと出る。