【この記事は、Windows 10の不調記録Windows 10の不調記録:続Windows 10の不調記録:3Windows 10の不調記録:4Windows 10の不調記録:5Win 10の不調記録:6の続き】
WikiPedia:Windows 10
現在のOS環境は、Windows 10 Home x64
2019/11/13、v1909にアップグレード完了。v1909公開以降用に「不調記録」を新調する。
SSL/TLSの設定方法
Windows 10ミニTips(458) ネットワークが突然不安定になったときの対処法 | マイナビニュース
Windows 10 Version 1909への自動アップデートが開始 | ソフトアンテナブログ(2019.12.06)
設定の【更新の履歴を表示する】に表示されない場合
コントロールパネル⇒プログラム⇒プログラムと機能⇒インストールされた更新プログラム
なお、このパソコンには、OSはWindows 10 Home x64、WebブランザはメインとしてMozilla Firefox、サブとしてGoogle Chromeを使用、Chromium版のMicrosoft Edge安定版 (Chromium Edge)をインストールしている。カスペルスキー利用。いずれも自動更新により最新版を維持している。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
2019/07/12、 回復ドライブ(USB)作成。v1903 OSビルド18362.239
デバイス暗号化の回復キー( BitLocker 回復キー )
【 Microsoft サイト 】https://account.microsoft.com/devices/recoverykey
BitLocker 回復キーを探す
デバイスの暗号化の回復キーを確認する方法<Windows 10>|dynabook(ダイナブック公式)
  1. 2019/11/12時点、「Windows 10 May 2019 Update」v1903 OSビルド18362.449
  2. 2019/11/13、v1909にGup直前。v1903 OSビルド 18362.449⇒18362.476
  3. v1909が公開(2019/11/1312/11、2020/01/15、(IE不具合01/2001/29)、02/12(02/17)、03/11、04/15、05/13、06/19、07/15、08/12、09/09、10/14、11/11、12/09、)
  4. 2019/12/11、Windows 10クラッシュ対策を変更した。同日、インストールメディア及び回復ドライブを各々USBに作成するとともに、いつものHDDバックアップ及び復元ポイントを作成した。
  5. Microsoft EdgeのChromium版、(2019/08/22Beta版、11/09安定版、2020/01/16正規版)
外付けHDDへの最新バックアップ AOMEI Backupper Standard ※バックアップソフト(使い方)

  1. 2019/12/11 10時インストールメディア(USB)作成。v1909 OSビルド 18363.535) 30分位掛かる
    インストールメディア作成
  2. 2019/12/11 10時、 回復ドライブ(USB)作成。v1909 OSビルド 18363.535) 2時間掛かる
  3. 2020/01/28(251)、HDDバックアップ。v1909 OSビルド 18363.592
  4. 2020/02/11(266)、HDDバックアップ。v1909 OSビルド 18363.592
  5. 2020/02/12、復元ポイントの作成 履歴の記載はしない事にする。適宜作成する
  6. 2020/02/12~(267)、HDDバックアップ。v1909 OSビルド 18363.657
関連記事:Windows 10の不調記録:7  / アドインのインストール状況:03/ ソフトのインストール状況:04ブラウザのアップデート:3 / 「修復ディスク」を作成-2 / ★SSL / TLS 設定方法 / デバイスドライバ学 / 起動用媒体を作っておく / インストールメディア作成 / Windows 10の役立ち情報 / My IPアドレス履歴 / 「来訪拒否宣言」履歴 (拒否WindowsIP登録頁)  / 来訪拒否の拡大予告:再 / 来訪拒否の取止め:結論 / アクセス許可を整理 / Win診断データの提供:考

【重要記事へのリンク】