圧縮解凍 – 愚呑庵」を拝読した。圧縮・解凍ソフトに関連して、「ファイラー」に触れている。
「ファイラー」という名称を知ってはいたが、暇人として改めて考えると「ファイラー」とは何じゃ?
ということで「ファイラー」について学習。
WikiPedia「ファイラー」によれば、2つの意味があるようだ。内、ファイルシステムを扱うためのソフトウェア。ファイルマネージャを参照...との事で斜め読みしたが、言語明瞭だが理解が及ばない...が、要するに「エクスプローラ」が「ファイラー」であると決めつけた。

「エクスプローラ」という物に初めて触れた時期は記憶にないが、少なくともWindowsと同時期だった。
MS-DOSを弄っていた時代にも類似した物が有ったようにも思うが、記憶に無い。
窓の杜等で斜め読みすると、それらしき物は少なくない (統合ファイル管理のソフト一覧)。
前記記事の管理人さんは「2画面ファイラー NyanFi」なる物を使用しているとの事。
暇人の俺は試みにインストールしてみたが、ファイラーを利用しなければならない場面が思い浮かばなかった。要するに「エクスプローラ(Windows Explorer)」で十分という印象である。

仕事人時代であれば圧縮解凍を行う場面もあったが、最近では偶に無料ソフトを解凍する程度であり、ほとんど用は無くなった。それでも、圧縮解凍ソフトとして「7-Zip(64bit版)」をインストールしている。
改めて(ウィンドウズ エクスプローラ)で圧縮解凍できるか(?)を確認したらできるんだね~
ということで、「ファイラー」は「エクスプローラ」を利用する事で納得する事にした。