10/25の朝、予想外にWindows 10 v1903の自動更新あり。(KB4523786)
20191025080907
再起動有りを含め、更新の所要時間5分程度。
これにより、Windows 10のv1903 OSビルド 18362.418⇒18362.418変わらず。

同アップデート後、(KB4522355)のオプション・アップデートがあるとの通知有り。考えたが、実施。
20191025081711
 
20191025084432

ところが、(KB4522355)以外に、おんぶオバケで(KB4522741)の更新も行われた。
結果、再起動2回有りを含め、更新の所要時間は25分近く
これにより、Windows 10のv1903 OSビルド 18362.418⇒18362.449也。
日本時間の水曜や土曜であれば自動アップデートが降臨する事は少なくないが、金曜日は珍しい。マイクロソフトも次期v1911公開に向けて動いているのだろうが、突然はビックリ也。明日の土曜は如何に?
今日の更新を適用した結果、ネット接続でシャックリ症状が発生する場合を見かけるが、1度起こればその後は問題が無いようだ。
<< 突然の自動アップデートへの対応をしたほうが良いかも? >>
Windows 10のメジャーアップデートに備え、パソコンを守る方法 | ライフハッカー[日本版]
俺の環境では(KB4522355)(KB4522741)(KB4523786)の3つが降臨したが、「Windows 10 バージョン1903 に、Net Framework の累積更新(KB4522741)、 及び累積更新(KB4522355) が降りてきました。 - 私のPC自作部屋(hiros-pc氏)」のように、(KB4523786)は降臨しないケースもある模様。
(追記)その後、hiros-pc氏より情報。(KB4523786)はWindows Autopilot 構成済みのパソコン(HP、パナソニック、東芝、富士通などが提供する物)が対象で、Windows Autopilot を構成していない自作パソコンは対称外との事。なるほど、(KB4523786)の当該マイクロソフト記事にも以下の記載がある。
この更新プログラムは、組織が簡単にデバイスをプロビジョニングできるようにするコンポーネントである Windows Autopilot 構成済みデバイスの品質を向上させます。
【後日談追記】
Microsoft、ユーザーに対しKB4523786を間違って配信 | ソフトアンテナブログ(10/27)
意図しない更新プログラムKB4523786が提供され、その後撤回された。KB4523786はすでに撤回されたそうですが、もしWindows Updateなどで見つかった場合無視することが推奨
....との事。俺的には飛び込んできた雉は放置する事にした。

Windows 10の累積アップデートKB4522355でスタートメニューの不具合が再発か - インストールできな問題も | ソフトアンテナブログ(11/06)
「May 2019 Update」と一部NEC製PCの非互換性問題が解決 ~Microsoftがオプションパッチ - 窓の杜