過日の「名医とつながる!たけしの家庭の医学」。
『その症状 どの診療科に行ったらいいの?』がテーマで、「診療科を変える事で劇的に不調が改善できた」という内容。大いに納得する出来事である。

とは言うものの、いざ不調になって病院に行っても医師を選べるハズが無い。その結果、誤診され、病気でない者が重篤な病名を付けられて、不調が解消しても病名だけは一生付いて回る事になる事態もある。
最初の医者で決まる日本の「運不運」医療の現実  | 東洋経済オンライン
個人経営の小さな町医者的な病院であれば医師の顔や腕前が知れているのだろうが、奇態なもので不調な場合は大学病院や総合病院と区分される大病院に行ってしまう事が多い。
俺のように東北の田舎町で育った場合は、大病院に行けば個別の病科別の医師の間で情報連絡してもらい原因不明である病気の原因が詳らかになって、全快させてもらえるものだと信じている。
また、内視鏡手術とかの最新医療を受けるには大病院が良いものだと信じている。しかし、現実はインターンの技術習得の場所と化している大病院も少なくないようだ。
高額な医療機器、日本は「群を抜いて多い」 : yomiDr
大病院に行っても個別の病科別に分かれており、相互の連絡は無いに等しいと聞く。「総合医療」なんて~言葉を報道で耳にするが、そのような知識見分を持つ医師はいるのだろうか。
大病院であれば検診結果などはネットワークでデータベース化されており、各医師がその気になりさえすれば、他科における当該患者の検査結果や診察状況を知ることで総合的な診察ができるハズであるが、成されているのだろうか。NHKの総合診療医ドクターG的な医師がいる病院を探したいものである。
むしろ、浅くても、広い知識で頑張っている町医者を頼ったほうが良いかもしれない。
手に負えなければ大病院の紹介状を書いてくれる。最近は、大病院に飛び込む事は歓迎されていないのだ。
町医者は老人に対しても小回りの利く対応をしてくれる。自宅診療をする病院も増えてきた。
電子カルテ化が促進されている最近であれば、大病院での検査結果や診察状況を知る事もできるだろう。
医療業界、サイバー攻撃が激しさを増す - 患者のデータの保護を | マイナビニュース
病院再編」とやらが行られる今、病院の良し悪しよりも、医師の良し悪しを考えたい。
“病院再編” 全国424病院 実名公表で広がる波紋 各地の声は | NHKニュース
セカンド・オピニオン制度と言えば如何にも解放された医学界と思いがちだが、本気で自分の担当医に申し出たが最後で二度と良い顔を見せる事は無いだろう。(セカンド・オピニオンに該当しない例)

過去記事:病院で病気にされるかも? / どの病院に行けば良い? / 「総合診療医」考 / 病気治療は同じ医者で / 病院の災害に備えろ / 病気の履歴書が必要 / 医者の力量は何だろう? / 医者の紹介状 / 個室の出来事 / 嫌だね、医者の腕試し  /  独善的に病院選び:考