過日『Microsoft、Chromium版のMicrosoft Edge』のBeta版が公開されたので、(2019/08/22)インストールし試行していた。(Microsoft Edge Insider Channels / Welcome to Microsoft Edge Beta Channel)
20191105112300

正式版は来年01/15に公開されるとの報道だが、既に安定版がDLLできるとの事なので、新しい物好きとしては11/08 AMインストールした。
これにより、2015年にWindows 10がリリースされて以来標準Webブラウザとされてきた「Microsoft Edge」は「Chromium版のMicrosoft Edge」に置き換えられ、アイコンが替わりMENUから消滅した。
(※Windows 10の設定⇒アプリ⇒既定のアプリ、でWebブラウザを選ぶ場面では新・旧のEdgeが出る)
なお、先走りしてインストールした「Chromium版のMicrosoft Edge」安定版は日本語化されていない模様(セッティングメニューは有るが)につき、従前の「Microsoft Edge」を標準として使用している場合は本作業は御法度である。なお、「Chromium版Microsoft EdgeのBeta版」は残置され、併用できる。
20191108144718

IE 11は自動削除されないので、2020/01/15に正式版公開後に手動削除を検討する(旧Edgeの公式サイト)。巷の企業、特に行政では、未だにIE 11以外では操作できないサイトが有るから、迂闊に撤去すると利用できなくなってしまう可能性が高い。不人気のEdgeだが多少なりとも社会的な地位を得てきたところで新Chromium版に変わるのだから、新版が社会的に認知されるまでは数年掛かるであろう。
新Chromium版では「IEモード」が提供されるとの事だから、IE 11は消えるのかも知れない?
とは言うものの、Google Chromeで動作するサイトは問題無く動作するのだから、旧Edgeよりも早期に立ち上がるであろう。ChromeとEdgeの戦いで、Firefoxはお呼びでなくなる可能性が高いと見る。
11/09 19時に利用したところ、日本語化されていないと見た安定版が日本語表示されている事に気づいた。昨日のインストール時にセッティングメニューでJapaneseにしたせいだろうか。現在v79.0.309.15 (公式ビルド) (64 ビット)でインストール時と同じ。
また、Beta版も同じバージョンであるため、Beta版はアンインストールしてもOKかも?(以下で実行)
これに伴い、昨日は無効であった「Chrome Web Storeなどの他のChromiumベースのWebストアにアクセスして拡張機能をインストールできる機能が有効になった。
20191109200942

Windows 7のシェアは36%との現在だが、WebブラウザだけはMicrosoft以外の物を利用した方が無難。
過去記事:ブラウザのアップデート:新より
Windows10でInternet Explorer 11をアンインストール&再インストールする方法 |株式会社とげおネット
※2019/02/17 10:50、Internet Explorer 11をアンインストールした。(関連記事:パスワードを作る / IE 10の未来は / IE11をアンインストール)
※【追記】※2019/03/16、アンインストールしていたIE 11を再度インストールした。
2020年1月14日でサポート終了となるWindows 7にも新Edgeは提供されるとの報道だが、どうして?

※「Chromium版Microsoft EdgeのBeta版」はMicrosoft Edge Insider Add ons ストアまたはChrome Web Storeなどの他のChromiumベースのWebストアにアクセスして拡張機能を追加できるが、本日インストールした「Chromium版Microsoft Edge安定版」はまだダメの模様。

「後から気が付く癲癇病」になるが、Windows 10のv1909にアップグレードした後に、本件を行った方が無難であった。未公認のEdge安定板がどのように扱われるか(?)が不安要素かも知れない。

2019/11/10 17時、Beta版をアンインストールし、安定版のみにした。11/13にWindows 10がv1909にアップグレードするのであれば、その前の方が良いのでは(?)という安直な考え。
アンインストール後、手動にて再起動したところ青画面で「問題があったので再起動する」的な画面が出て、以降自動的に再起動した。念のため、再度手動で再起動し、更にシャットダウン。特に不具合は無い。
 2019/11/12起動後、v79.0.309.15⇒v79.0.309.18に版アップを確認。
2020/01/15迄マイクロソフト未公認だが、Chromium版Microsoft Edgeの安定版ちゃんと育っている
2019/11/19起動後、v79.0.309.18⇒v79.0.309.25に版アップを確認。11/23、v79.0.309.30、以降メモ略。
Chromium版のEdgeのフスクリーンモードが改良へ | ソフトアンテナブログ(2019.11.18)
Canary はv80.0.335.0(Microsoft Edge Insider Channels / Welcome to Microsoft Edge Beta Channel)
従来版を「EdgeHTML」に対して「Chromium Edge」の呼び方が気に入った。
Chromium EdgeとWindows on ARMの最新情報を整理する (1/2) - ITmedia PC USER

関連記事:Windows 10の不調記録:7  / アドインのインストール状況:03/ ソフトのインストール状況:04ブラウザのアップデート:3 / 「修復ディスク」を作成-2 / ★SSL / TLS 設定方法 / デバイスドライバ更新:学 / 起動用媒体を作っておく / インストールメディア作成 / Windows 10の役立ち情報 / My IPアドレス履歴 / 「来訪拒否宣言」履歴