2014年12月、NHK BSプレミアムで「壇蜜 ネパール 死とエロスの旅」 を視聴した。2016年7月には「壇蜜 死とエロスの旅 マヤ・アステカ」が放送されたらしい。(過去記事:「壇蜜と仏教」思)

今度は、2020/01/08(水) 21時00分~ 22時00分、NHK BSプレミアムで「壇蜜 生と死の坩堝(るつぼ) イスタンブール」が放送されるとの事だ。

しかし考えてみれば、「イスタンブールトルコ最大の都市」であり、数年前には東京とオリンピック開催地として競った相手としである。ISILとの戦闘が華やかな地域らしいが、「生と死の坩堝」とのタイトルはどのような意味があるのか関心深い。また、撮影が無事でgoo
また、01/19 22時30分~ 23時30分『壇蜜 生と死の坩堝(るつぼ)タイ』が放送されるとの事だ。


以前「ネパール 死とエロスの旅」を視聴する際は、壇蜜氏の名前からはエロ的な番組内容を想像したが、「人が死を向かえる館」を訪ねる場面に 感じるものがあった。聞けば遺体衛生保全士資格(民間資格)を取得しているとのこと....今度放送される「生と死の坩堝」のタイトルにも期待したい。
自衛隊の広報に出て見たり、不思議な女性だね。(過去記事:都会人は自然を舐めるな)
USAのバカ大統領はイランを脅かしているが、イスラム教徒は大日本帝国人と同様に死を恐れないだろう。国家が倒れる事態に及んだとしてもプライドを守る為に死ぬ道を選ぶのでは。
それにしてもドキョメンタリー「彼女は安楽死を選んだ」といい、NHKにはオカルト追及の趣味有りや