NHK BSプレミアムドラマで『贋作 男はつらいよ』なる物が放送されているらしい。
桂雀々が落語会で扮した寅さんの風貌が似ていたことから山田洋次監督が着想し、設定を現代の大阪に置き換えて“本物の本物による「贋作」”としてリメイクされる。主演は桂雀々で、さくら役を常盤貴子、マドンナ役を松下奈緒が演じる 。 (贋作 男はつらいよ|NHKオンライン)

2020年1月5日から1月26日(予定)まで全4回で放送されているとのこと。

渥美清主演の人気映画シリーズ『男はつらいよ』を原作にした贋作とのことで、同じ山田洋次氏が監督しているとはいうものの別の作品を見ている感じであろう。そもそもがテレビドラマとしてシリーズ化されていた作品を、当たったからといって映画の中身を持ち込むことは無いだろう。“本物の本物”って監督の事?
一方で男はつらいよ』映画シリーズでは 「男はつらいよ お帰り 寅さん」として50作目をリリースした。シリーズの監督は柳の下の泥鰌を狙っている様だが、昔の作品を汚しているようにしか見えない。

『男はつらいよ』50周年プロジェクト|松竹映画『男はつらいよ』公式サイト| 松竹株式会社


渥美清は、映画『男はつらいよ』シリーズで名を上げている。
俺的には彼の映画では『父子草』が好きだ。