早いもので01/31晦日正月也。これから節分だというのに桜が咲いても不思議でないような陽気である。
と、昨日までは思っていたのだが、何のという事で今日は寒く、今晩から明日に掛けて降雪の予報也。
20200130185945
ウェザーマップ気象情報より 北陸地方-金沢

気の早い女将は既に福豆を買い求めてきた。総入れ歯の俺だが、福豆は美味しくかじられる。

またまたコロナウイルスによる肺炎が流行し、7月頃までには終息しないだろうとの報道もある。ということは、オリンピック開会前に日本に来て事前練習をする予定のアスリートは困った事態になるのだろう。
日本のマスコミ、一時は金メダルの話題で持ち切りであったが、最近では期待していたアスリートの故障などで尻莟み気味である。しかし、メダルばかりがオリンピックではあるまい。俺的には東京オリンピックはどうでも良い派なのだが、出場して上を目指しているアスリートにはそうもいかないのだろう。
そもそも、オリンピックが開催できるのか(?)と危ぶむ。ウイルス・大地震・ミサイル・安倍政権。

マスコミも思い出したように2020東京オリンピックの話題を報じているが、思い起こせば、4年サイクルのオリンピックの年は「閏年」である。(神武天皇即位紀元 皇紀2680年)
WikiPedia:閏年より抜粋引用
閏年(うるうどし、じゅんねん、英語: leap year、intercalary year)とは、のあるである。これに対し、閏年ではない年を平年(英語: common year)と呼ぶ。 閏日閏月閏秒
日本における閏年の根拠法
日本においては、閏年の判定は西暦ではなく皇紀(神武天皇即位紀元)によって行うことが法令「西暦1898年(M31)勅令第90号(閏年ニ関スル件)」により定められ、現在に至っている。
しかし「閏年」であることが話題として取り上げらないのは、平和というか..安穏としているのだろう。

コンピュータシステムには閏年問題という重大事(?)があり「○○年問題」と称される事が多く、以前は「2010年問題」で騒がれた。「2000年問題」では、『年数を下2桁だけで処理していたシステム』に問題が発生した。同様の問題が2030年・2050年・2070年に発生するという。類似した問題はあるようだが、 西暦年数表示が5桁になる「西暦10000年問題」まで心配している学者達が面白い。
それまで、現在のコンピュータを用いる人類が生き延びているのだろうか。
WikiPedia:昭和100年問題より抜粋引用
官公庁や金融機関などを中心に、アプリケーションソフトウェア内部で、年を昭和2桁で表現しているシステムが存在している(平成以降も、内部的に昭和として扱う)。日本の公文書においては年を記載する際、全てにおいて西暦でなく昭和を用いることにより、同じ2桁でも25年先まで表現できるという利点があった。しかし、「昭和100年(2025年)=昭和0年」として認識されることで正しく扱うことができず、2000年問題と類似した誤動作を起こすおそれがある。なお、コンピュータの内蔵時計やオペレーティングシステムが年を昭和で表現していることは、ほとんど考えられないので、この問題が起きるのはアプリケーションソフトウェアに限られる。
WikiPedia:2025年問題
コンピュータシステムにおける昭和100年問題の別名
2019年5月1日に和暦が「令和」となった為、コンピュータシステムは改修されている。ただし、昭和100年問題はソフトウエア内部での処理の問題であり、新たな元号に対応するアップデートと共に、内部処理の桁数増加や西暦への変更をしなければ、昭和100年問題の解決にはならないとのこと也。
WikiPedia:旧暦2033年問題
西暦2033年秋から2034年春にかけて、日本の旧暦の月名が天保暦の暦法で決定できなくなる問題。
WikiPedia:2038年問題
2038年1月19日3時14分7秒を過ぎると、コンピュータが誤動作する可能性があるとされる年問題。
2019年は『GPSが狂うかも??』の「2019年4月7日問題」があったが、殊更の話題にはならなかった。
今年はコンピュータ関連問題は無さそうだが、異常気象は始まっている。ナマズが暴れない事を期待。

過去記事:○○年問題:考 / 21世紀を生きるか?!
WikiPedia:環境危機時計 / 世界終末時計 / 年問題

携帯電話のカレンダーがおかしい、その理由は「メーカー仕様」だった - ケータイ Watch