このブログでは「Windows XP及びWindows Vista・Windows 8 利用者の来庵拒否」を繰り返してきたが、2019年の暮れを以って行わない事を宣言した。
過去記事:古いWindowsは来庵拒否 / 来訪拒否の拡大予告 / 来訪拒否宣言 / 「来訪拒否宣言」履歴(拒否WindowsIP登録頁 / 予告した来訪拒否の拡大 / 来訪拒否設定の取止め / 来訪拒否の拡大予告:再
取り止めとした主要因は「来訪拒否に利用する忍者バリアがSSLに対応していない為、2020年の春に(https)化されるlivedoorブログに最近のブラザでアクセスした場合「安全でないコンテンツがブロックされました」とのマークが表示される事が明確になり、来訪拒否をする目的意図に反するためである。
しかし、「忍者バリア」を提供する「忍者ツール」が2020/01/25頃より不具合となった事で、古いOSによるアクセスが見受けられる事を再確認した。また、古いWebブラウザが多い事を知った。

大昔にサポートを終了したWindows XP及びWindows Vista・Windows 8 は勿論の事、大騒ぎしながら今年になってサポート終了したWindows 7 のOSを、アップグレードするスキルも無く、新しいパソコンに買い替える金も無いという状況は憐憫を覚えなくはない
しかし、無料で自動アップデートするWebブウザが古いのは何故だ

OSが古くとも、軽いインターネットを行っている程度の利用であれば、新しいWebブラウザを利用する事でかなりフォローされる。メールやOfficeソフトのカバーはできないが、ネット検索やブログを書く程度には間に合うのではないだろうか。(だからと言ってOSのグレードアップをしなくとも良い事にはならない)

Internet Explorer 、旧・新Microsoft EdgeGoogle ChromeMozilla Firefoxのいずれも、インストール直後は自動アップデート(オートアップデート、自動更新)が有効の状態に設定されている
巷のパソコン図書の中には「自動アップデートを無効にする」事が薦めている物もある。自動アップデートされない人は、過去の自分が無効化作業を行った事を忘れてしまっているだけである。
自動アップデートされる事について確固たる考えの元に無効化しているのであれば止める云われは無いが、中途半端な知識で無効化するよりは、有効化する事を奨めたい。
無効化された自動アップデートを有効化設定したい、または手動アップデートを行いたい場合、各Webブラウザの説明を参照。面倒さを感じるかも知れないが、大したことは無い。1度設定すればそれでOK也。
現在「Internet Explorer 9~11 に脆弱性が有る 関連過去記事:IE 9~11 の脆弱性-2
Internet Explorer 11 でなければ利用できないe-Taxで令和元年分 確定申告を行う事は当面しないほうが良い。2月の月例セキュリティ更新は02/12であり、その更新を待ったほうが安全也。
02/05には多くの変更が加えられたというGoogle Chrome(v80.0.3987.87)が公開された。
中でも「Cookie」絡みの修正については、『2020年に改定される個人情報保護法により、WebブラウザでCookieを有効にする事を規制する』方針に関連する事なのだろう。同様の取り組みはFirefoxでも行われており、Microsoft Edgeでも実施される予定との事。古いWebブラウザ利用者は早めの対処が必要だ。
また、一般向けサポートが終了したWindows 7についても「Google Chrome」は少なくとも2021年7月15日までサポートを維持する方針とのことであり、Windows 7利用者は切替えたい。 関連記事:ChromeのCookie対応 / Cookie等規制だって? / Win7用 IE 11サポ終了 /

ユーザーエージェント(UA)文字列は時代遅れ? ~「Google Chrome」で凍結・非推奨に - やじうまの杜 - 窓の杜
GoogleChromeが「ユーザーエージェント非推奨」にした理由。複雑怪奇な Webブラウザのユーザーエージェントの世界 | ハーバー・ビジネス・オンライン
グーグル「Chrome」、HTTPSページでの安全ではないダウンロードを段階的にブロックへ - CNET Japan(2020/02/07)
==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==・==
数ヶ月前までは、https化しているか(?)していないか不明な場合、(https:)or(http:)部分を略して書けばブラウザが自動判別してくれたが、現在は自動判別せず「怪しいサイト」として認識されてしまう。
20200207195501
Googleの戦略は見事に功を奏して、https化していないサイトはすっかり除け者扱いされている。