政権は、地方都市の収益の少ない病院は潰すとかと力んでいた。
しかし。今般の新型コロナウィルス騒動では「近所の病院に行け」とかの話題もあり、先行きが見えない。
俺は現在「公立病院」と称する立ち位置が判らない病院に通院しているが、どちらになるのだろうか。

総合病院のように診療科目の多い場合、病気が特定されるまでは診療科目(担当医)毎にタライ回しされる場面も考えられる。その意味では、豊富な医療経験を持っている町医者のほうが安心して任せられるだろう。しかし、大学を卒業しただけで親の七光りで開業したばかりの若造医師に巡り合った場合は悲劇の始まりになるかる知れない。とは言うものの、新しい医学や手術であれば経験よりは腕前次第という事かもしれない。いずれにしても、病院や担当医との巡りあわせは、病気が治るか否かも含めて患者の運の一部だろう。
今を話題の新型コロナウィルスにしても、保健所などに顔が利いて検査をさせる力を持っている病院・医師の診察を受ける事ができるのは患者の運である。また、COVID-19の肺炎であった場合、その治療ができる病院なのか否かは、患者の普段の行い次第ということになるのだろうか。
当地では電子カルテ化が導入されているようだが、セカンド・オピニオンを受けるには医師どおし病院どおしの関係次第で必ずしも好意的には行われないようだ。ならば、経験豊富で大学病院や総合病院に顔の利く古参の町医者を「かかりつけ医師」とし、大病になったら紹介状を書いてもらうのが良い。
救急体制の不備は今に始まったことではないかもしれないが、事COVID-19では救急車を利用できるのだろうか。世の中には、救急車の世話にならずとも良い症状でもタクシー代わりに使う不届き者がいるとのことだ。そんな輩の為に東京などでは【#7119】を利用できるとのことだが、当地では使えない。
【#7119】救急相談センターとは何でしょう?覚えておいて損はない番号です | おでかけ55
類似するものとして「全国の一般救急相談センター窓口一覧 | EPARKクリニック・病院」がある。また、新型コロナについては政府が独自に相談窓口を設けているが「帰国者・接触者相談センター」とか「新型コロナウイルス感染症に関する一般的な電話相談窓口」と仰々しい看板では相談しにくいというものだ。

病院の取り潰しと、新型コロナ検査・治療は近所で、との相反する方針が今後どう整理されるのだろうか。
間質性肺炎患者の俺は、昨年の春に定期通院した際に予約した次期検査が来る3月上旬であったが、新型コロナ感染を敬遠し、通院回数を減らす為に4月上旬の糖尿病通院と同日に変更した。これが吉か凶かは、これから始めると政府が言う新型コロナの検査で、患者が増えるか否か次第ということだ。検査がスムーズに行われるようになれば、感染者の発見率が高まり、自ずから病院が混雑することになる。したがって悩む点は「検査が促進される日時」次第により動くということだ。3月or4月、それとも....
医師法の縛りで、本来医師は診察をしなければ薬の処方箋を出せないが、新型コロナの流行防止のため、高齢者は医療機関に行かなくても、医師が電話で診療して普段使っている薬を処方できるとのことだ。
高齢者は電話で薬の処方可能に | 共同通信(2020/02/28)
それならば「糖尿病の薬を電話」+「間質性肺炎のCT検査」として、更に日延べするという方法もある。
しかし、検査期間を空け過ぎるのも心配なことだ。こんな場合、大病院で多くの人と擦れ違うよりも、近くの町医者のほうが心配度が少ないのかもしれない。これを機会に、近所の町医者に転院しようかしら。
「医師と相性がよくない場合はスタッフに相談を」と現役医師|NEWSポストセブン

そろそろ、および腰の政府も、新型コロナの検査に本腰を入れて取り掛からねばなるまい。
それは当然の事として、クルーズ客船の模様眺めをはじめ、医者の御意見伺い・街角インタビューなどでアチラコラに顔出ししているマスコミのレポーター連中は、大した感染防止対応をしているとは見えない
..というよりも、顔を売る目的だろうか(?)、マスクすらしないで他人に向かう姿勢は不適切である。
あのマスコミのレポーター連中は、新型コロナをバラ撒いている仲介者にしか見えないのだが。
関連過去記事:病気の緊急度判定『Q助』 / 新型コロナウイルス対応 / 石川県-新型ウイルス情報 / 新型コロナ対応状況:メモ / 「うがい」の奨め