【20/07/20追記】 この記事を未だに閲覧する皆様へ
07/15公開のChrome v84.0.4147.89を以って、私の環境でTLS 1.0/1.1がデフォルト無効を確認しました。また、同日には新しいMicrosoft Edge及びFirefoxもTLS 1.0/1.1がデフォルト無効化済みです。
関連過去記事:SSL / TLS設定チェック (参考:ChromeのTLS設定方法? / ★SSL / TLS 設定方法:2 / Chromeの新機能:学 / TLS 1.0/1.1サポート終)

 延期されていたTLS 1.0/1.1のデフォルト無効化、6月から順次実施 | スラド セキュリティ(20/06/15)
2020/03/18、主力Webブラウザがディフルトで安全なSSL / TLS 設定となった為、こちらにて総括。
2020/02/07記事の「自動アップデートしてよ」に『秘密君』からコメントいただき「Global Media Controls」と言う物を初耳。俺の環境では見参していない。ネット検索したところ
音楽、動画、その他のメディアの再生をポップアップウィンドウから統合的に制御できる機能
との事。Chrome v77(2019/09/17) からツールバー上にメディアコントロールボタンを追加できるようになっていたが、この機能がサーバー側の変更によって「Windows 10用の安定版Chrome v79(2019/12/11)のユーザーに対し徐々にロールアウトされているとの事。
「chrome://flags」で手動で有効・無効にすることも可能との事
ChromeのGlobal Media Controlsがひっそりとロールアウト中 | ソフトアンテナブログ(2020.01.01)
「chrome://flags」から「Global Media Controls」を検索し、「Default」を「Enabled」に変更。
本記事を書いている最中に以下を発見し、試行としてChrome v80にて「音楽が流れるYouTubeの画」を呼び出してみたところ、ツールバー上にメディアコントロールボタンが表示され「Global Media Controls(グローバルメディアコントロール)」が降臨されており有効になっている事を知った。
Google、「Chrome」に新しいメディアハブを追加 ~タブで再生されている音声を一括管理 - 窓の杜(2020/01/17)
メディアハブが利用可能になると、タブで音声が再生されたとき、ツールバーに専用のボタンが現れる。これをクリックすると、タブで再生されている音楽がポップアップでリストアップされる仕組み。
さて、本記事の元ネタとなった「秘密君への返コメ」では『降臨したら即殺で除去します』なんて書いたが...Chromeは常用していないので、メディアコントロールボタンが居ても邪魔にならない。
ということで、前言を翻して放置することにした。

なお、Chromeの「SSL / TLS 設定」に関し、「SSL 3.0はNoになるが、TLS 1.0・TLS 1.1・TLS 1.2・TLS 1.3がYes」という拙い設定しかできていなかったが、一念発起して未来版の「TLS 1.2・TLS 1.3だけYes」の設定に変えた。Chromium Edgeも同様の工事にて設定変更できた。これにて、近々発生する諸々の出来事への対応は準備万端也。(関連記事:★SSL / TLS 設定方法 / ChromeのTLS設定方法? / Chromeの新機能:学 / TLS 1.0/1.1サポート終)
20200210a
<<自動アップデートしてよ>> より
数ヶ月前までは、https化しているか(?)していないか不明な場合、(https:)or(http:)部分を略して書けばブラウザが自動判別してくれたが、現在は自動判別せず「怪しいサイト」として認識されてしまう。
20200207195501
Googleの戦略は見事に功を奏して、https化していないサイトはすっかり除け者扱いされている。
それなりに著名のブログやアルバムサイトでも、表札だけは(https:)化して見せても、中身が成されていない場合は、著名ブラウザではアクセスできないという状況が見えてきた。オリンピック前にはアクセスできないサイトが増えるかもしれない。かくいう、このlivedoorブログもアクセスできない部類かも知れない。
(https:)化はユーザー任せのFC2ブログだが、強制的に行わなければならない時世になってきた。
FC2ブログをSSL化してみよう! - FC2ブログ 公式ちゃんねる
Webブラウザに付録している「トラッキング防止措置」を行っても効果が無い的な記事を読んだ事があり、専らカスペルスキーのトラッキング対策だけで行ってきたが、「Firefoxが10万個以上のトラッカーをブロックしました... - まりふのひと」を拝読し、利用中ブラウザのトラッキング防止措置をonにした。
Chromium Edgeと類似するGoogle Chromeを使ってもつまらないので、2020/02/14Chromeをベータ版にした。伴って、本記事の内容について再確認したが、稼働している事を確認。

話題が違うが
Windows 10のスタートメニューにFirefoxからの乗り換えを促すEdgeの広告が表示 | ソフトアンテナブログ(2020.02.10)
とのことだ。「設定 > 個人用設定」で「ときどきスタートメニューにおすすめのアプリを表示する」をオフにすることで非表示にできるよう...との事。俺は当該設定がオフだから出ないのだろうか?

Google、Chrome拡張を使用しようとするEdgeユーザーにChromeの使用を推奨する | ソフトアンテナブログ(2020.02.22)