新型コロナウィルスの感染防止の為に、大手の会社ではテレワーク等の在宅勤務を始めたとの事。
仕事人時代の鳥インフルの際には我が社も行った事があるが...良いというか、悪いというか。
そもそもが、在宅勤務で間に合う企業・組織は、このような事態が発生する以前から仕事を職場に集まってしなくとも良いのである。ネットワークが使えない時代なら別だが、使えるようになった今であれば悪戯に都会の一等地にあるビルに集まって行わなければならない仕事ではなかったということだろう。数年以前には四国とかの寒村に設けた事務所と大都市の事務所との間でテレビ会議とネットワークを利用した業務を行っているとの事がマスコミに取り上げられていたが、その後どうなったことだろうか。

在宅勤務で出来る仕事がある一方で、それが絶対に出来ない仕事もある。というよりも、在宅勤務できない仕事の方が多いと見る。それにも関わらず、政権は新型ウィルスの拡散防止を図るためにテレワークを推進している。日本政府の醜態を思うにつけ、行き当たりばったりの思い付きでは解決できない出来事なのだ。

確定申告はスマホでできる...詳しい事は〇〇のホームページを...とかの世の中が罷り通っている。
しかし、世の中でスマホを持っている人、インターネットに接続できる人、は如何ほどいるのだろうか
政権はキャッシュレスに御執心だ。しかし、突然ネットに繋がらなくなれば、買い物ができなくなる。
新型コロナウィルスばかりでなく、コンピュータウィルスに対しても危機管理が行われていない日本だ。
周囲の人間が全滅しようとも自分だけは大丈夫であると信じて疑わない日本人。これからどうする。
政府、今後2週間の大規模イベント中止・延期を要請 - Impress Watch
人が集まる事を避けるようにという政権の御達しは、これまでの無策ぶりを露呈していると見る。
政権が語るように2週間でピークが治まるのだろうか。中国の首席と東京オリンピックしか見ていない。
新型コロナの流行は沈静化できず、更には経済までもが低迷するという、最悪状態への引き金也。
JOCや東京都は東京オリンピックを開催すると力んでいるが、日本に決定権が無い事を思い出せ。
聖火リレー。日本では4週間後の3月26日に福島県を出発予定。コロナは聖火と共に。(東京五輪の聖火)