この記事は過去記事:「更新の履歴」が消えたからの続編
俺のWindows 10 v1909パソコンでは、Windows 10の Update画面から「更新の履歴を表示する」 を実行しても、過去の履歴が表示されなくなって久しい。
過去記事:「更新の履歴」が消えたのとおり『この件は多数発生しており、更にはマイクロソフトも認知している出来事』のようだ。この記事の閲覧者は多く、同様の不具合を抱えている人が少なくないと見た。
過去記事:02/28、Win10 更新のような「更新プログラムをアンインストールすることで問題を回避することはできるよう」とのこと不具合が発生しても、「更新の履歴を表示する」 が機能していないのであればアンインストールできない....ということで、修復しておきたい。(関連:KB4524244情報)

「マイクロソフトも認知している出来事」とのことだが、俺なりに思いつく事を試してみた。
設定 ⇒ システム ⇒ ストレージ ⇒「ストレージセンサーを構成するか、今すぐ実行する」
20200302
で表示される下図の『一時ファイル』下に設定される。以前、下記の記事を見た際に一時ファイルを削除する期間を14日に変更していたが、試行的にこれをディフルト値に戻してみることにした。
Windows10 - ストレージセンサーを実行するタイミングを設定 - PC設定のカルマ
しかし、設定を「14日に変更していた」とは言うものの、これまで「2020/02/17以降の更新履歴はkeep」されていたが、02/24、消えたとのメモがあり、この実験の行先は暗そうだ。
20200302b
03/02 17:30現在、「更新の履歴を表示する」 にて表示されるのは下図のとおりである。
20200302c
WinUpdatesView」で表示される内容とは差異がある。どちらが正解なのかは知る由もない。
20200302d
コントロールパネル⇒で見た「更新プログラム」
20200302e
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
本記事書き始め以降の状況 (関連過去記事:「更新の履歴」が消えた)
  1. 2020/03/05。03/02の本記事のとおり『一時ファイルを削除する期間をディフルト値に戻して』以来、「更新の履歴」が消える事象は発生していない、すなわち、2020/03/01以降の更新履歴はkeepされている。
  2. 以前の「更新の履歴」が消えたについては、「更新の履歴」消滅対策(03/11)を行って以来発生していない。よって、2020/03/01以降の更新履歴・03/11、Win10 更新以降はkeepされている。
  3. 20/03/25、Win10 更新後もkeepされている。
  4. 20/04/08、別件にて「ストレージ センサー」を行うと思ったら「記憶域」という名前に変わっていた。(過去記事:ストレージセンサー:学)
    200408

関連記事2020/03/20更新:Windows 10の不調記録:7  / アドインのインストール状況:03/ ソフトのインストール状況:05ブラウザのアップデート:4 / 「修復ディスク」を作成-2 / ★SSL / TLS 設定方法:2 / デバイスドライバ学 / 起動用媒体を作っておく / インストールメディア作成 / Windows 10の役立ち情報 / My IPアドレス履歴 (拒否WindowsIP登録頁) / アクセス許可を整理 / Win診断データの提供:考
/ 「来訪拒否宣言」履歴  / Firefoxのセッティング  / ブラウザ&日本語入力 / 「更新の履歴」消滅対策


  • 05/13、Win10 更新を以って、「更新の履歴」消滅に関しては記録する事を取り止める。
掲載日:2020/03/02 更新日:2020/05/13