「Amazon」を語るフィッシング詐欺メールが、今年の2月になってから増えているとの事。
【それってネット詐欺ですよ!】Amazonのドメインのメールアドレスからフィッシング詐欺メールが来た【被害事例に学ぶ、高齢者のためのデジタルリテラシー】 - INTERNET Watch
「Amazon」を語る詐欺メールは珍しくもないが、「amazon.co.jp」のメールアドレスで来るとの事。「amaz0n」や「amazan」ではなく、きちんとした文字列との事だから識別しにくい事態だ。
とは言うものの、メールアドレスを偽装する方法や、真贋を判別する方法があるが、それを突破する方法も出現しているとのことだ。ということで、
  • メールアドレスでネット詐欺メールを見破ろうとしても無駄。
  • 普段から自分でブックマークしておき(メールに書かれたリンクURLではなく)そのブックマークから当該Webサイトにアクセスする事。怪しいメールに記載されているリンクはクリックしない。


警視庁公式チャンネル