毎日のように報じられる「新型コロナウイルス」に関する出来事に、いささか食傷気味である。
その内容たるや、「〇〇県で..」という大括りな情報ばかりであり、そんな程度は酒飲みの暇つぶし話題としか聞こえない。もっと、自分自身の身の振り方に役立つような細かな情報が欲しい。
都道府県単位ではなく市(町村)単位でも個人情報は守れるだろう。石川県では学校の校区まで公表された。
特に、東京都は都という広いエリアを都庁が広報するのではなく、特別区単位で報ずるべきである。
また、感染者が行動した大雑把な軌跡程度は公表しなければ、後に続く者としては不安がある。

何れにしても、役に立たない情報を毎日放送するしかネタの無いテレビ局は無駄な存在である。と思いながら俺のブログ内を「新型コロナウイルス(COVID-19)」のキーワード検索したら随分と有り、赤面ものだ。
関連過去記事:新型コロナ対応状況:メモ / 新型コロナウイルス対応 / 石川県-新型ウイルス情報
感染マップ偽装アプリ / 安倍政権を支える臣民 / 緊急事態宣言:考 / 病院の選び方:考 / 「うがい」の奨め / 新型コロナが最高レベル / 親父たちのタバコ切れ / 俺にさわると危ないぜ / 方言はAI翻訳に / COVID-19:考 / 新型肺炎の検査試薬:学 / 鼻がすぐ通るヨガ:学 / マスクの予防効果:学 / 2020凍結防止 / 外に出て散歩したい / 不要不急:考 / マスクを買い求める人 / コロナウイルス偽メール / MERS感染対象者の公表を / 感染国とは入出国制限を / インフルエンザの脅威 / ティッシュ配りの街角 / 韓国の状況、明日の日本 / 日本政府の醜態に思う / インフルエンザの脅威  / 昭和東南海地震:学
この騒動の後始末は安倍政権を続投させ、キッチリと締めてもらうしかない。
それはそれとして、庶民の俺としては腹を括るしかない。

すなわち、現在は大騒ぎしている「2019新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)」だが、そもそもはウィルスの一つである。感染した、しない、は他のウィルスでもあることだ。そんなウィルスに騒ぎ立てるのは、それによって「2019新型コロナウイルスによる急性呼吸器疾患(COVID-19)」(日本では2020/01/28「新型コロナウイルス感染症」と法令で呼称)になる事、更にはCOVID-19肺炎で死ぬ事を恐れているからだ。間質性肺炎を宣告されている俺的にはかなりビビル要素である。

しかし、予防ワクチンも治療薬も無い今、いたずらに騒ぎ立てたからといってどうなることでもない。
日本のマスコミが大本営発表を垂れ流しにして報道したところで、大ぐくりな地域ごとの感染者数と死者数なんぞは何の役にも立たないどころか、恐怖心を煽り立てるだけのものでしかあるまい。
他の病気や、交通事故、認知症で行方不明者など等に比べれば、COVID-19の肺炎での死亡者の数は少ないだろう。肺炎だけで比べても、誤嚥が原因で死亡に至る高齢者は多いと聞くが、話題になることは少ない。
最近では一部の医者などがテレビで発言しているが、「新型コロナもインフルエンザと同じ様な(流行性)ウィルスと考える」しかないであろう。また「感染しても、軽症で済む者と、重症化する者」があり、運が悪ければ死に至る事は、インフルエンザや他の病気とて同様である。ただ、COVID-19の肺炎の方が致死率が高いということだ。「高齢者や持病持ちは重症化リスクが大きい」事は、他の病気も同様である。

要するに、水際作戦とやらで国民の生命・財産を守ると能賜っていた安部草履の作戦が失敗し、感染し放題になった事が判った今、治療薬ができるまでは新型コロナに感染しないようにするしかないということだ。
アメリカの薬剤メーカーも乗り出したというから、その内には予防ワクチンもできるだろう。その時は保険適用が云々は兎も角としてワクチン接種を受けよう...死にたくなければ金よりも、安全の為に。
そして、今しばらくは、ウロウロ歩かない事だ。鎖国している都道府県は感染者がいないのが証拠かも。
新型コロナ、ワクチン製造は厚労省天下り先 海外製は無視|NEWSポストセブン
実際に検査を行う地方衛生研究所(衛生研、全国に77)および、その上部組織である国立感染症研究所(感染研、公式サイト )を外郭団体とする厚労省の「縄張り意識」

当地石川県では2020/03/09時点で7人の感染者と報道されていた。内、3人の感染者が出ている小松マテーレは03/15まで2週間の業務停止を行っていたが、感染した3人のうち2人が退院し、その他の社員の感染は確認されず、社員の健康が確認出来たとして03/16に業務再開したとのこと。
また、感染確認の男子中学生が退院(03/17)。他の情報は無し。よって、03/17時点の入院患者は4名。
 ということで、色々なイベントの隙間を掻い潜って床屋に行く気分。19/12/15以来、3ヶ月ぶり。