新型コロナの感染防止策としてリモートワークをするようになり、Webカメラが売れ切れとの事。
アベノマスクが国民受けしないので30万円を呉れるとかだが、これまた騒動・悶着のネタになりそうだ。
学校を再開するとかしないとかでは、インターネットで授業をするとして、ルーターを配布するとかを思いついたそうだ。しかし、現物は無料であっても通信費は各自負担らしいから、これまた物議を醸しそうだ。マスクや人工呼吸器は不足してもルーターなんちゅう物が無償配布できるほどに倉庫で寝ている国家というのも不思議である。マイナンバーカード製造事業や無人検針システムを取り入れた電力会社などのように、システム化に関する国家予算はダブついているのに違いない。そして、配布するルーターのメーカーからは多額の袖の下が動いているに違いない...と独り合点している。

いずれにしても、今般の新型コロナ騒動は、無縁とも思えるコンピュータの世界にも大いに影響があるとのことだ。少なくとも、リモートワークによりパソコンが売れ、更にはインターネット接続環境構築が促進され、ネットのアクセス率が上がり、セキュリティが危ぶまれているそうだ。日本政府は菜っ葉の肥やし。

俺のノートパソコンには、マイクやカメラがそもそも付いていない。
ということで、買おうかしらんという検討をする。ちなみに「マスク」ではない。

現在のパソコン「2011年春版のNECパーソナルプロダクツ パーソナルコンピュータ(LAVIE SPC-LS550DS6B PCLS550DS6B)」を買う頃には、マイクの必要性を感じていなかった。カメラなんて物はセキュリティ的に不要と考え、検討する事も無く、付いているのか、付くパソコンなのか、なんて事は一切考えなかった。しかし、その後の3.11事件でLINEが出現し、スカイプ等のテレビカメラが普及するにつれ、有っても悪くはなかったと考え始めた。そして今回の新型コロナ感染を防ぐ為の方法として「リモートワーク」「テレワーク」が云々された事で「可能ならばマイクの設置」をしておこうと思い立った。

ということで、当面はマイクに関して調査する。何もせずに付けられるのであれば買おう。
自然災害などで助けてコールをしなければならないような場面に備える事は必要である。
カメラまでは不要と思えるが、そこはマイク単品の買い値との相互比較という事になるだろう。

しかし、使用頻度と俺の未来を考えれば必要性は極めて薄い。そもそも、世の中で売れ切れしている。
 薄い品数ながら、中国からも輸入が始まったとの話も聞こえる。当面は検討しておこう。
Windows 10ミニTips(488) テレワーク前に確認したい、PCのテザリング接続 | マイナビニュース

現在のパソコン詳細仕様
<<サウンド関連>>
  • マイク入力(パソコン用マイクとして市販されているコンデンサマイクやヘッドセットを推奨)     ステレオミニジャック×1
  • ヘッドフォン出力     ステレオミニジャック×1
  • ライン出力     ヘッドフォン出力と共用

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~