20/03/04にデスクトップ向けの最新安定版v80.0.3987.132を公開した「Google Chrome」。
「Google Chrome 80」にセキュリティアップデート ~修正版のv80.0.3987.132がリリース - 窓の杜
本日03/18は次のv81が公開される予定日である。(関連過去記事:ブラウザ導入状況:3)
Chromium Development Calendar and Release Info
リリーススケジュール>>Chrome Platform Status
しかし、9時時点でv81が公開されず、(v80.0.3987.132⇒)v80.0.3987.149が本日03/18降臨した。
80.0.3987.149(Official Build) (64 ビット)
20200318090849
v81を公開する事のできない何かが起こったのであろうか
巷のスズメは未だ静か也。この出来事をどう見るか? (夕方見たところ、窓の杜ではコメントは無いが、上記のバージョンに変わっていた)。Chromium Edgeは以前と変わらずv80.0.361.66也
との事だ。これにより「Chrome v81」がリリースされなかった原因は「新型コロナウイルス感染症(COVID-19)」であることは判ったが、Googleのようなリモートワークできる職種の企業であっても感染症の影響を受けることにヘェ~である。キャッシュレス社会は危ないな...札束が一番だ。
「Chromium」ベースのChromium Edge・Opera・VivaldiなどのWebブラウザにも影響が出るかな? Chromium Edgeは現在v80.0.361.66。【追記】03/20、v80.0.361.69に成った。


「Microsoft Edge 81」の正式公開も延期 ~新型コロナウイルスの感染拡大による混乱に配慮 - 窓の杜
なお、現行v80のセキュリティに関するアップデートは引き続き提供され、プレビューチャンネル(Canary/Dev/Beta Channel)は通常のスケジュールで更新される。