「スポーツと政治は別」なんて青くさい事を今更言わない。『スポーツは金儲けの為の一手段である』

しかし、昨日のIOC会長との協議に安部草履が先陣を切るとは思いもしなかった。
開催地である東京都の首長とか、IOCの日本出先としてのJOCの親方とかがまとめる立場と思った俺が無知であった。「東京オリンピック」と呼び、恰も東京という都市で行うスポーツの祭典と思っていたが、所詮は日本国が取り仕切る何かの目論みを持つイベントということだ。
小池都知事も森会長も、安部草履とバッハ会長を黙って見つめていたようだが、所詮は番頭だったのか。
アスリートファーストとか言ったところで、飾り物だ。

いずれにしても、オリンピックの開催云々の議論に先立つ事は、新型コロナがおとなしくなる事であろう。
1年の執行猶予ができたとはいうものの、来年の夏までに収束するとは思われない。無理やり開催したところで、オリンピックで一儲けを目論んでいる輩の思うとおりに、気ままな観客が動くだろうか。
日本国民としては、予測されている大地震や大型台風で、これ以上に日本の国土が荒れ果てないように祈るしか無い。その向こうで東京オリンピックが開催できるのであれば、声高に反対を唱えるものではない。
ノーテンキな日本人の1人としては「新型コロナが治まると考えたい」が、そんな未来はわからない。


安部草履には、これ迄の悪行の責任を取らせる。ケツを拭こうとする後任がいない。最期は弾劾裁判だ。
昨今の安部草履は「100%」「完全な」を使いたがる。完全でない事に限って、完全である事を主張したがるのは周知のとおりだ。開催をIOCと契約したであろう東京都知事を無視した所業の後、安部草履は何故か飼い主のアメリカ大統領に直接ご報告したそうだ。安部草履が世界で語ったと日本で報道されるとおりの事を、世界は報じているのだろうか 安部草履が大嘘つきと信じる俺としては、日本の報道は眉唾だ。

あんな首相はいらない。しかし、死ぬまで扱き使おう。
東京オリンピックと中国主席を国賓招待が延期になったから、全国的に封鎖して鎖国に入ろう。
観光立国なんて言っているから、中国や韓国から客が来なくなっただけでこの体たらくである。