3年ごとの見直しが行われる個人情報保護法で、2020年の改正ではWebブラウザのCookie等が規制されるとの事について、ChromeのCookie対応が行われる事は承知していた。
しかし、現在ingの新型コロナ騒動で後れている様子であったが、AppleのWebブラウザ「Safari」が『Cookieを完全ブロック』を行ったとの事、Chromeの先駆けをしたということだ。
ブラウザー「Safari」がプライバシー保護を強化、サードパーティCookieを完全ブロック【やじうまWatch】 - INTERNET Watch
これで、(https)化の促進に弾みがつくかもしれない。Chromeで装填されると報じられていた「静かな通知ユーザーエージェント(UA)の導入」が如何なっているのかが興味深い。
関連過去記事:個人情報保護法改正案:考