Windows 10の全バージョンに関連したネットワーク接続に関する新しい問題が発生 | ソフトアンテナブログ

とのことで、サポート期間中の全てのバージョンのWindows 10に、ネットワーク接続に関連した問題が存在するとのこと。影響を受けるアプリとして、Microsoft Teams、Microsoft Office、Office365、Outlook、Internet Explorer 11、一部バージョンのMicrosoft Edgeなどがリストアップされているとのこと。(これ以外のアプリでも問題が発生する可能性あり)
ネットワークに接続/切断したさいに一部のアプリでインターネット接続が行なえなくなるとのこと。

サポートを終了したWindows 10(v1709未満)、Windows 7 等については不明。
2017/10/17に一般公開されたv1709 のサポートは、2020年4 月14日で終了する予定であったが、新型コロナ感染騒動の影響により2020年10月13日まで延長されることがアナウンスされている。
リモートワークや、家庭内LANを構成している場合には影響があるのだろう。どうする、COVID-19対策

<<回避策>>
  • デバイスを再起動する
  • 4月上旬にMicrosoft Catalogで、定例外の更新プログラムが提供される予定。
    ※この更新プログラムは「Microsoft Update Catalog」でのみ提供されるとのこと。
Windows 10(v1709未満)、Windows 7に本件のサポートがあるのだろうか。特に2020年4 月14日でサポート終了となるWindows 10 v1709は、2020年10月13日まで延長されたとはいうものの、とっととv1909にするべきであろう。後1ヶ月程で次期バージョンの2004のグレードアップが始まる(関連記事:Win10、v2004情報)
-【追記:20/03/31】-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
Microsoftが緊急パッチ
03/28過去記事、「ネットワーク接続問題」の『Windows 10に、ネットワーク接続に関連した問題』に関する解決策として、定例外の更新プログラムがMicrosoft Update Catalog」で03/31提供された。
本件は、4月初めまでに更新プログラム公開予定としていたが、前倒しで公開されたということ。
Windows 10 v1909及びv1903は「KB4554364」。「Microsoft Update Catalog」で「KB4554364」を検索し、自分のパソコンOSに適合する物をダウンロードしインストールする。本件は「Microsoft Update Catalog」でのみ提供され、自動Updateまたはオプション更新では降臨しないとの事。前記サイト記事によれば『この問題で困っていない場合はわざわざ適用する必要はない。2020年4月度の月例WindowsUpdateに本修正が含まれる 』とのことなので、俺的には本件緊急パッチの適用は見送ることにした。

追記20/04/01、利用中のFirefox v74.0 (64 ビット)が10日ほど前からSync接続が切断する出来事が発生していた。本日AMにも発生したので、無関係とは思うが11:40、03/31、緊急パッチとして提供された「KB4554364」を適用する。
【悲報】Windows 10のネットワーク不具合修正パッチによって他のネットワーク関連の不具合が発生 | ソフトアンテナブログ(04/02)
Wi-Fiモデム/ルーターに接続すると、「Socket error 0×2200021」のようなエラーメッセージが表示される場合がある。KB4554364をアンインストールすることで問題を回避することは可能...との事。俺の環境では不具合は未確認(04/02 10:30)