安部草履が政府の対策本部で、全国の1つの住所あたり、2枚の布マスクを配布する方針を示したとの事。
日本郵政の全住所配布システム(全戸に郵便物を配達する日本郵便のサービス)を活用し、今月中旬以降、感染者の多い都道府県から順次発送を開始。高齢者施設、障害者施設、小中学校に対しても必要な枚数を配る意向。医療用サージカルマスクも「来週には追加で1500万枚を配布する」と説明
1住所あたり2枚の布マスクを配布の方針 安倍首相 | NHKニュース(20/04/01)
官房長官は1億枚がどうしたとかアナウンスしていた。しかし、草履の発言では「布マスク」になったということは、「使い捨てマスク」は中国から、入荷しない・できない・させない、のだろうか。
日本国内でも色違いの会社がマスク製造を始めたということだから、中国の世話にはなっていないというフリを日本政府がしているということだろうから、一般市場に出回るのはいつになるのだろう。
「1つの住所あたり2枚」という計算が判らない。スーパーのパックだって、3つか1つが普通であろう。ならばイッソの事「しばしの間、マスクは各家庭で手作り」としたほうが、無駄な税金を使わずとも行き渡ったと思うのだが...
厚生労働大臣の加藤勝信と、内閣府特命担当大臣(経済財政政策)新型コロナ対策担当 の西村康稔の言う事は、安部草履以上に信用しない。
まあ、小姑的な事はさておき、当分はマスクが入手できないかも知れない事も視野にして、ありかだく頂戴しよう。四月バカは無しだせ。改めて過去記事をピックアップ「布マスクの洗い方

metichannel(経済産業省) YouTubeより

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
新型コロナウィルスでは、マスクの必要性・効果について薄いと言われてきた。
吸い込む事に対応する必要は無いので自身に異常が無かったらマスクをする必要は無い。しかし、自身がウィルス保有者であった場合には他人への感染を防止する為に排気に注意してマスクが必要であるとの説明が主流とみてきた。しかし、ゼロ歳児とかの明らかに保菌していない者が感染するという事から考えれば、これまでの説は誤っていた..すなわち、「吸気に対応する為に健康な者でねマスクは必要」ということになる。
0歳女児がコロナ感染、一時心肺停止 両親は陰性、山梨:朝日新聞デジタル
マスクの用途に関する説明が為されないままに、世論のマスクコールに応える為だけのようにマスクを放出するだけの政治に疑念を感じる。 マスクはどんな時にすればよいのであろうか

過去記事:マスクを買い求める人 / マスクの予防効果:学 / 鼻がすぐ通るヨガ:学 / 日本政府の醜態に思う
 / 「うがい」の奨め
 
在庫速報.comのホームページ