新型コロナウイルスへの感染人数で東京都とかの大都市が騒がしいが、地方だって大変だ。
自慢するネタではないが、04/08 PMの発表では、石川県内の感染者は66人になった。
感染者の人数で比べれば人口の多い大都会が圧倒的だが、人口比率で比べれば地方も安穏としてられない。
人口10万人あたり5.8人は“大阪超え”…石川県内の新型コロナ感染者数 3/30以降に急増|石川テレビ
都道府県別の感染者の数は、東京が最も多く大阪、神奈川と続いている。石川県の感染者数66人で、全国的には少ないようにも感じますが、人口10万人あたりの感染者で比べてみると石川は5.8人と大阪の5.5人を上回っている。9.4人の福井県は2番目也(上記の石川テレビ記事より引用 )
20200409142104
数日前までは、石川県知事は観光を優先する発言が多かったが、考えは変わったのだろうか。変わらない
石川知事「交流は地域活性化」 宣言地域からの往来自粛呼びかけず、県民に不安の声 - 毎日新聞(04/09)
石川県に特化して考えても、昨日までの感染者から、この先数日は鼠算で広がる事は間違いない。

マスコミも「コロナ疎開」とか「コロナ避難」などとテレビで騒ぎたてるが、地方都市の住人の一人としては、寝た子を起こすようで迷惑である。とは言うものの、地方から大都会に出稼ぎ入社した御上りさん若人が原宿あたりを物珍しそうにうろつきまわるのだから、ある意味ではあいこということかもしれない。
メディア報道が「外出自粛」に従わない人を後押ししている? | スラド
マスコミによる「繁華街に人がいる姿を撮影した映像」


この件を如何に分析して公開するかは、中国の先例を見ずとも、安部草履も我が身を庇う事に懸命らしい。
分析手法は御手並み拝見したいが、いずれにしても、当地石川県で感染者が増えたのは某繊維メーカーがフランス出張した結果による部分は小さくはないと見る。

東京都と政府との間で、04/07に安倍首相が行った緊急事態宣言の運用に関して揉めているようだ。
「要請」だの「指示」だのと用語に拘る部分と、拘りながらも「淡々と自粛」している羊のような国民をどのように制御するのかは指導者としての醍醐味なのだろう。
特設サイト 新型コロナウイルス都道府県別の感染者数・感染者マップ|NHK
新型コロナウイルスへの感染は、向後毎年、恒例行事となるのだろう。それに感染しないように努力しながら高い致死率が見逃してくれることを祈りながら暮らす未来になるのだろう。

関連記事:石川県-新型ウイルス情報 / 新型コロナ対応状況:メモ / 新型コロナウイルス対応
-・-【04/10追記】-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
金沢市10万人あたり11.1人|NHK 石川県のニュース(04/10)
04/10午前0時の時点で、石川県は72人の感染者で全国で14番目に多い。
「人口10万人あたりの感染者数」では最も多い東京都が11人、次いで福井県9.9人、大阪府7人、高知県6.9人、京都府6.4人、石川県は6.3人と全国で6番目に多く、緊急事態宣言が出されいている千葉県5.7人、兵庫県5.2人、福岡県4.9人、神奈川県4.2人を上回る。さらに、市町別でみると50人の感染が確認された金沢市は11.1人と、全国で最も多い東京都の11人を上回る