大騒ぎした割にはサッパリ出番の無いマイナンバーカードだが、特別定額給付金の申請で出番はあるか
健康保険証の代わりができるとかの噂は立つが、なかなか実現しない。
また、マイナンバーカード交付騒動の頃「紛失したら偉い事になる」と刷り込まれ、いささかトラウマ也。
とは言うものの、リアルに紛失したらどうなるのかの記事が無かったが、発見した。以下、ピックアップ
マイナンバーカード無くしたら色々大変だった【いつモノコト】-Impress Watch
  • マイナンバーカードの再発行は「新規発行と同じ手続きをもう一度やり直す」ことになる。
    申請から交付までの期間は約1カ月、混雑状況次第ではそれ以上。
  1. 最初にマイナンバーカードの個人番号カードコールセンターに連絡し、マイナンバーカードの一時利用停止を依頼。
    問い合わせ – マイナンバーカード総合サイト (https://www.kojinbango-card.go.jp/otoiawase/)
  2. 続いて最寄りの警察に遺失届を提出。
    (市区町村の役所で再発行手続きを行なうには、遺失届の受理番号が必要になるため)
  3. 遺失届が終わったら市役所にて再発行手続きを行い(この際、前遺失届の受理番号が必要である)、交付申請を行う。申請方法は新規の発行と同様、役所窓口に交付申請書を提出する方法以外に、スマートフォンやパソコン、証明写真機、郵便などがある。
    マイナンバーカード交付申請 – マイナンバーカード総合サイト
  4. 交付申請書の提出後数週間ほどで交付通知書が届くので、これを持参して市役所窓口に出向きマイナンバーカードの交付を受ける。なお、マイナンバーカードの初回交付は無料だが、再発行は1,000円が必要となる。


 

関連過去記事:マイナポイント事業:学 / マイナンバーカードを / マイナカードが保険証? / 70歳からの健康保険証 / マイナカード申請:学 / 「デジタル手続法」成立 /