何だかんだと言っても、国営放送NHKは優れものだと思っている。虚言ゼロとは言わないまでも、ドキュメンタリや自然・紀行的な内容では民放の追随を許していない(TBSテレビ制作の世界遺産は別格)
特にニュース報道はNHKだと思う。災害報道の為にだけでも、受信料を払うのは惜しくは無い。
また、民放のニュース報道の内容を確認する為にだけでも、NHKのニュース内容は比較対象になる。
NHKニュースの中でも「ニュース7」及び 「ニュースウオッチ9」は信頼して見たいと思う。
「ニュースウオッチ9」の男性キャスターには色々と文句が言ってきたのだが、女性キャスターは中々の実力者だ。以前の鈴木奈穂子氏のアナウンスはテキパキと心地良く聴くことができたが人事異動となり、後任の桑子真帆氏は前に勤めた番組で相棒であった有馬嘉男氏共々に座っていた。
「ニュースウオッチ9」はニュース報道番組というよりはキャスターの有馬嘉男氏と桑子真帆氏の掛け合い漫才になってきた。桑子氏のアナウンサーらしからぬ話し方もあるが、それ以上に有馬嘉男氏がうるさい。ニュースアナウンサーの話し方というよりは、お笑い芸人の話し方であり、意味不明に文章の抑揚がある。舞台役者等が伝えたい部分を声高に発生するのを真似てでもいるのだろうか(?)という話し方は、聞いていて疲れる。予期しない文落で突然高い抑揚になり、声高に話すという話術は何だろうか。端的に表現すれば「裏返った発声」也。
過去記事:NHKニュースに思う / NHK 桑子真帆氏 / NHK女子アナ事情は?

今春のNHK人事異動で「ニュースウオッチ9」と「NHKニュースおはよう日本」の間でトレードがあり、桑子真帆氏と和久田麻由子氏が入れ替わっている。
あれから半月経った両氏を勝手に品評すると、桑子氏は上手になり、和久田氏は下手になった。
思うに、「おはよう日本」の番長である高瀬耕造氏の話し方に引きずられている要素が多いのであろう。
「おはよう日本」時代には落ち着いた話し方であった和久田氏は「ニュースウオッチ9」の古株である有馬嘉男氏の「裏返った発声」に負けじと裏返った声になり、姦しくなっている。
片や桑子氏は、「おはよう日本」で高瀬氏の男性っぽい落ち着いた話し方に調和し、聴き易くなった。

「ニュースウオッチ9」は、女性アナウンサーの異動よりも、男性MCの有馬嘉男氏と、実に賑々しく登場するスポーツ担当の一橋忠之氏を異動させて欲しいものだ。一橋氏の登場シーンでは「お世話になる」の挨拶を連呼するが、誰に挨拶しているのだろうか。如何にもわざとらしく、白々しい。