Windows標準付録のセキュリティが機能停止する出来事が発生しているとのことだ。
俺はセキュリティソフトにカスペルスキーを利用しているので「Windows標準付録のセキュリティ(Windows Defender ウイルス対策)」には余り気配りしていない。過日「Windows Defender ウイルス対策のオプション」をチェックしたところ「off」になっていたので、「on」にして気にも掛けていなかった。しかし、先ほど
Windowsセキュリティが機能停止する不具合 - PC Watch(2020年4月20日 15:59
の記事を発見し、16:05再度チェックした。前記記事によれば
Windowsセキュリティ内のVirus and Threat Protection(ウイルスと脅威の防止)の項目で、threat service(脅威のサービス)が停止したため再起動するよう通知が表示されるものの、再起動後に問題が解決せず、予期せぬエラーが発生する。
この不具合はバージョン1.313.1638.0環境下で確認されており、バージョン1.313.1687.0に更新することで修正できる。アップデートは、ウイルスと脅威の防止の項目内または「設定→更新とセキュリティ→更新プログラムのチェック」から実行可能。
との事。「ウイルスと脅威の防止」と「更新プログラムのチェック」の画面に表示されるバージョンが異なるが、いずれも『バージョン1.313.1638.0』をクリアしているので、不具合は無しと判断する。
ちなみに、前記記事は米Microsoftにて04/16(現地時間)の不具合報告されているである。
20200420162740
 
20200420162737

不具合に関するサポートページ(翻訳ソフト利用)
ウィンドウズセキュリティ
こんにちは、誰かが私を助けることができるのだろうか。Windows セキュリティで今日発生する問題があります。「ウイルスと脅威の保護」に通知が表示されます: '脅威サービスが停止しました。今すぐ再起動してください。私はこれをしようとしましたが、それは動作しません。別のメッセージは'予期しないエラーです。申し訳ありませんが、私たちは問題に遭遇しました。もう一度お試しください。これは、次の更新プログラムの後に発生し始めました。
最新のセキュリティ インテリジェンス更新プログラムは次のとおりです。
バージョン: 1.313.1638.0
エンジンバージョン: 1.1.16900.4
プラットフォームバージョン: 4.18.2003.8
リリース済み: 4/16/2020 4:53:09 AM
 その後、18:10再チェックしたところ自動更新されており、本件は決着也。
20200420181040


本件で気づき「Windows Defender」更改に関し調べたところ、以下の記事で米20/03/26「KB4052623 (v4.18.2003.8)」の公開を知った。過日斜め読みしていたが、無関係と思いスルーしていた。
Windows Defenderバグ修正するアップデート「KB4052623」公開 | マイナビニュース(20/03/29)
「KB4052623 (v4.18.2001.10)」であれば20/02/28、Win10 更新にて降臨の記録をしている。以降、降臨記録は無いが20/03/25「KB4052623 (v4.18.2003.8)」がインストールされていたのでこれOK。
20200420204452

20200421120241
「KB4052623 (v4.18.2003.8)」がインストールされていない場合は、以下よりDLLできる。
Microsoft Update カタログ - 検索結果 "KB4052623 4.18.2003.8"
(KB4052623)関連過去記事:04/10、Win10 更新 / 02/28、Win10 更新 / Win 10 Update 06/27
WinDefThreatsView-「Windows Defender」が検出した脅威の履歴を見る
「Windows セキュリティ」アプリの[ウイルスと脅威の防止]セクションにある“保護の履歴”で確認できる。※DLL先、View Windows Defender threats on local and remote computer
OSのマルウェア対策が検出した脅威を一覧、レポート出力もできる「WinDefThreatsView」 - 窓の杜
※OS標準のウイルス対策機能「Windows Defender」が検出した脅威を表示するツールであり、俺のように別ウィルスソフトを使っている場合は検出しないので無用。残念。20/05/27入れた。